あなたが一族の“カルマ”を背負っているかもしれない10のサイン! カルマの克服法も伝授!

関連キーワード:

,

,

,

,

 カルマ、すなわち業、宿命、因果応報……。スピリチュアルの世界ではカルマは切っても切れない関係であり、サンドラ・ブロックやシルベスター・スタローンなどのハリウッドセレブや著名人たちがカルマに関してコメントするのを目にすることもしばしばだ。


■アナタは一族のカルマを背負っているかも!?

 例えば家族の中で、決まっていつも親とことごとく意見が合わなかったり喧嘩が絶えない者がいたとする。そういう場合はカルマによる負の作用である妨害が強く働いており、それによって苦められている可能性があるのだ。

 過去に起きた不仲や議論から派生しているこうしたカルマは、原因を見つめ直して和解したり解決すべきであったのに、何世代にもわたりこれまでも無視されたり否定されてきたのであろう。そして次の世代にも同じことが引き継がれて繰り返されてしまうのである。

 自分自身や家族のメンバーに対して配慮や愛情が欠落している人物も少なからずいるが、これはスピリチュアル的には業の深さを感じる一面だ。自分を含めて親兄弟の1人が家族の中で浮いている、あるいは何か違和感があると感じたことがあれば、カルマの影響を強く受けている人物かもしれない……。

 確かめるべきサインは以下の10項目である。

1. 家族の中で一番スピリチュアル系の意識が高い。
2. 容姿・性格その他が家族の中の誰にも似ていない。
3. たまにいきなり病気にかかったりする、そして時々肩がずしんと重く感じることがある。
4. 家族の中で変わり者扱いされている。
5. 小さい時分より家族のカルマに気づいており、それを克服したいと考えている。
6. 負のカルマが家族に対していつか悪い影響を及ぼさないかどうかを憂慮している。
7. 負のカルマがとりわけ自分に有害であることを憂慮している。
8. 自分が意図する、良いと考える行動がちゃんと取れているか疑問である。
9. カルマの概念に関連して迷信深い面がある。
10. 家族のカルマが解消に向かっていると感じられる際には、あえてあまり望みを持たないように努めようとする。

 では上記のサインに当てはまる場合、どのようにカルマを克服すれば良いのだろうか?

 理論から言うと、まず家族が抱えているカルマを表面化して共有することだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ