【10月5日Xデー】「安倍政権マジで終わる」政府関係者暴露! 小池新党「希望の党」に石破と小泉進次郎が入り、都知事は橋下徹へ!? 仕掛け人は…

【10月5日Xデー】「安倍政権マジで終わる」政府関係者暴露! 小池新党「希望の党」に石破と小泉進次郎が入り、都知事は橋下徹へ!?  仕掛け人は…の画像1動画は、ANNnewsCHより

「希望の党」代表に小池百合子東京都知事が就任したことを皮切りに、一気に野党再編の流れが加速している。この野党再編は一見、小池知事が仕掛けたかのように見えるが、その裏で暗躍している人物がいる。その仕掛け人とは、「“政界の壊し屋”こと小沢一郎氏である」。そう語るのは、政界の裏事情に詳しい政府関係者。

小池氏と前原氏が話し合って決めたと報道されていますが、実はそこにもう一人、小沢一郎氏がいたのです。さらに、中山恭子が『日本のこころ』から離党し、小池氏に合流した動きの裏にも小沢氏の影がちらついています。さらに小沢氏は自民党にも手を突っ込み、石破氏と小泉進次郎氏を引っ張り出そうとしているフシがあります。小池氏が都知事兼党代表のままだと、大半が民進党議員で占められた党は、『第二民進党』というレッテルを貼られ、選挙で戦えないという状況に陥ります。それに、政権選択選挙と位置付けている以上、誰を首相に指名するかというのは、大きな問題です。このままだと、前原か、細野か…いずれにしても民主党政権の悪夢が蘇ります


■石破と進次郎のダブルパンチで自民党はアウト

「この状況を打破するためには、小池自身が都知事を辞任して、衆議院選に立候補するか、別の誰かを頭に据えるしか方法はありません。その別の誰かというのが、石破氏だった場合、水月会から19人を引き連れて合流することになるため、自民党にとっては危機的な状況になってしまいます。さらに小泉進次郎がそれに加わると、自民党はアウトですね。そもそも小池氏は自民党総裁選の際、安倍氏を応援せず、石破氏を応援したことで、党内で干されてしまったという経緯がありますし、進次郎の父である小泉純一郎とは師弟関係ですから、可能性としては十分あります。それを小沢氏が画策しているとしたら、自民党にとっては極めて厄介ですね」


■都知事は橋下徹へ?

「そして、もう一つの問題として、小池氏が都知事を辞任する選択をした場合(現在は否定しているが)、小池氏は必ず非難されます。その非難を最小限に抑えなければなりませんので、次の都知事を誰にするか、という問題をクリアしなければなりません。そこで名前が出ているのが、橋下徹元大阪府知事です。それによって、日本維新の会と希望の党は大阪と東京という二大都市政党としても連携できるというシナリオです。すでに小池氏に合流している松沢成文氏を都知事の後継に据えるという選択もあるが、インパクトがないので、その線の可能性は低いでしょう」

 確かに、政権選択選挙という以上、有権者は「次の日本のトップは誰になるのか」ということが気になるところで、そこを曖昧にしたままでは安心して政権を託すことはできないだろうというのも一理ある。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ