幼い時にポルノを見ると乱交&変態プレイを好む大人になる事が判明! 「少年よりも少女のほうが顕著」(最新研究)

【警告】幼い時にポルノを見ると乱交&変態プレイを好む大人になる事が判明! 「少年よりも少女のほうが顕著」(最新研究)の画像1

「12歳までにポルノを見た少年少女は、1年後には本番行為に移る」――。イギリス在住の18歳から25歳の男女を対象に行われたアンケート結果が、物議を醸している。早熟な彼らはポルノを通して特異な性嗜好が育まれ、これが後々厄介なことになるケースもあるという。同国のバッキンガム大学の研究チームが発表した。


■少年少女にとってのポルノは娯楽ではなく「教材」

 研究チームの一人、ウォーカー氏は、「ポルノの露骨な性表現に触れてしまった少年少女は、変わったプレイも受け入れるようになる」ことに懸念を示した。つまり、いわゆる変態プレイを好むようになるというのだ。

 実際にどのようなプレイが多いのか? チームによると「複数人での羞恥プレイ」だという。ポルノ独特の開放的すぎる表現や、ただ無節操に快楽を追求しているだけの姿を、性体験のない子どもがじっくりと見ると、性の奥義を様々な異性と追究して悦に入っていると捉え、それらの行為を手本にしてしまうようだ。これでは、もはやポルノが娯楽ではなく「教材」になってしまっている。

【警告】幼い時にポルノを見ると乱交&変態プレイを好む大人になる事が判明! 「少年よりも少女のほうが顕著」(最新研究)の画像2Daily Mail」の記事より

 最新調査によると、イギリスの性感染症患者の半数は15歳から24歳である。セックスの頻度が高く、不特定多数との性交が多ければ多いほど、当然に感染率は高まる。ポルノを見た結果乱交プレイに目覚めた中学生そこそこの若者が、どんどん性感染症になっていくという現状は、「いやあ、君たちは本当にセックスが好きだね」と能天気にスルーできるものではない。

「少年少女に正しい性教育をすること、この一点に尽きる」と研究チームは言う。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ