伝説の「ソロモンの指輪」を遂にトルコで発見か?悪魔を操り動物の声を聞く“神秘の指輪”を警察が押収、大騒ぎに!

伝説の「ソロモンの指輪」を遂にトルコで発見か?悪魔を操り動物の声を聞く神秘の指輪を警察が押収、大騒ぎに!の画像1ソロモン王と神「Wikipedia」より引用

『旧約聖書』に記される古代イスラエル第3の王ソロモン。天使や悪魔を使役し、動植物の声を聞くことができる魔術的力を持っていたといわれるが、それを可能にしたものこそ、神ヤハウェから授かったとされる「ソロモンの指輪」である。ノーベル賞を受賞した世界的動物行動学者コンラート・ローレンツの傑作『ソロモンの指環』も、この逸話から名付けられたものだ。


■リアルトゥームレイダーが「ソロモンの指輪」を発見!

伝説の「ソロモンの指輪」を遂にトルコで発見か?悪魔を操り動物の声を聞く神秘の指輪を警察が押収、大騒ぎに!の画像2押収された品々「Mysterious Universe」より引用

 これまで、ソロモンの指輪は伝説の域を出ないと信じられてきたが、なんとこの度、トルコでソロモンの指輪と思しきリングが発見されたとのニュースが舞い込んできた。

 英紙「The Sun」(10月4日付)などによると、トルコ・アマスィヤ州の地元警察が、ある墓場荒らし(tomb raider)グループのアジトを家宅捜索したところ、彼らがかき集めたとみられる古代品のなかに、伝説のソロモン王の指輪らしき一品が紛れ込んでいたというのだ。

伝説の「ソロモンの指輪」を遂にトルコで発見か?悪魔を操り動物の声を聞く神秘の指輪を警察が押収、大騒ぎに!の画像3ソロモンの指輪(?)「Mysterious Universe」より引用

 地元警察は窃盗団がどこでこれらの品々を入手したかは未だ調査中とのことだが、本物であれば歴史的大発見になることは間違いない。以前トカナでもお伝えしたように、ソロモン王は、指輪のみならず、大天使ミカエルから魔術書『アルス・ノトリア』も授けられた、人並み外れた智者として『旧約聖書』などで描かれている。今回の発見が彼の魔力の真相を暴く鍵となれば良いのだが……。

■地元博物館の分析結果は……?

伝説の「ソロモンの指輪」を遂にトルコで発見か?悪魔を操り動物の声を聞く神秘の指輪を警察が押収、大騒ぎに!の画像4六芒星(左)とソロモンの指輪のデザイン(右)「Mysterious Universe」より引用

 ところで、伝承によると、ソロモンの指輪には「ダビデの星」と言われる六芒星、もしくは2つの三角形を組み合わせたデザインが描かれているといわれるが、押収されたリングを見てみると、そういったデザインははっきりと確認できない。、磨耗(ソロモンの指輪は鉄と真鍮(しんちゅう)からできているといわれる)のためかもしれないが、少々気になる点ではある。

 トルコの英語メディア「Daily Sabah」によると、アマスィヤ州博物館の専門家が行った年代測定の結果、中世に製造された可能性が指摘されているが(本物であれば、2000年以上前でなければならない)、今後さらなる詳細な分析が必要だという。全ての分析が完了した後、同リングはアマスィヤ州博物館に展示される予定とのことだ。

 真贋のほどは少々怪しいが、最終的な判断は今後の分析結果を待ってからでも遅くはないだろう。一縷の望みにかけて、続報を待とう。

参考:「The Sun」、「Daily Sabah」、ほか

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

伝説の「ソロモンの指輪」を遂にトルコで発見か?悪魔を操り動物の声を聞く“神秘の指輪”を警察が押収、大騒ぎに!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル