世界中の論文“3万本以上”が誤りだった? 恐るべき実験用細胞の汚染の実態

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 生物学・医学分野の衝撃的なニュースが飛び込んできた。世界中でこれまでに発表された32000本以上の論文が、別の細胞の影響で汚染された実験に適さない細胞を使用した結果がまとめられていることが判明したのだ。日本の論文も例外ではなく、4000本以上が汚染された細胞を使っていた。英「Daily Mail」が報じている。

世界中の論文3万本以上が誤りだった? 恐るべき実験用細胞の汚染の実態の画像1画像は「Radboud University」より引用


■実験用細胞の汚染

 実験用細胞の汚染(別種の細胞の混入)が大きな問題であることは以前から指摘されていた。取り寄せた実験用細胞がラベルに書かれている物とは実は別物だったという困った事態は、これまでにも世界中で多数報告されている。日本をはじめ、各国の細胞バンクが調査を行っており、International Cell Line Authentication Committee(ICLAC)という国際組織でリスト化が行われている。

 今回、オランダ・ラドバウド大学のチームは、ICLACのリストに載っている451種類の細胞(誤認細胞)を使った論文がどれだけ発表されているかを調べた。すると驚くことに、32755本もの論文が誤認細胞を使って書かれていたことが発覚したのだ。論文の多くは1990年以降に発表されており、アメリカの該当論文は11996本、日本のそれは4007本と先進国の中でも際立って多数の論文が書かれていることがわかった。調査結果は10月12日の科学系オンラインジャーナル「PLOS ONE」に掲載された。

世界中の論文3万本以上が誤りだった? 恐るべき実験用細胞の汚染の実態の画像2誤認細胞を使っていた論文の比率(国別)。画像は「PLOS ONE」より引用

 研究の責任者ウィレム・ハルフマン氏によれば、驚くべきことに、現在でも毎週のように誤認細胞を使った論文が発表されているという。リストがあるにもかかわらず、既知の誤認細胞を使った研究が今も世界中で行われているのだ。多くの研究者は問題の大きさを理解しておらず、当然注意を払っていないということになる。

世界中の論文3万本以上が誤りだった? 恐るべき実験用細胞の汚染の実態の画像3年ごとの論文数。画像は「PLOS ONE」より引用

人気連載

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

※ 前編はコチラ!  狭いエリアで10年間に2度も起きている現役女子高生の殺...

2022.01.23 18:00日本
【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

世界中の論文“3万本以上”が誤りだった? 恐るべき実験用細胞の汚染の実態のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル