自分のDNAをハックして編集する「バイオハッカー」が出現、激ヤバ人体実験をライブ中継! 10秒で“遺伝子と人生”を変える瞬間

 最近話題のゲノム編集技術「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」が、すでに自身のDNAを改変するバイオハック技術として利用されているとのニュースが舞い込んできた。

 先日、東京大学の濡木理(ぬれき・おさむ)教授が、米モンタナ州で開催されたCRISPR 2017カンファレンスにおいて、世界で初めてCRISPR-Cas9によりゲノム編集が行われる瞬間を公開し、大きな話題となったばかりだが、すでにCRISPR-Cas9はラボを飛び出し、民間利用される段階に来ているようだ。

CRISPRがDNAを編集する瞬間「YouTube」より引用
【ガチ】自分のDNAをハックして編集する「バイオハッカー」が出現、激ヤバ人体実験をライブ中継! 10秒で遺伝子と人生を変える瞬間の画像1画像は「YouTube」より引用

 この度、自身のDNAを自ら編集する“バイオハッカー”として知られる、元NASA研究員の物理生物学者ジョサイア・ゼイナー氏が、実際にCRISPR-Cas9で編集したDNAを自らの体内に注入する様子を生中継したというのだ。

 海外ビジネスニュース「IBT」(18日付)などによると、ゼイナー氏は、筋肉の発達を阻害するミオスタチンを抑制するようDNAを編集し、自らの体内に注入したという。その時間、わずか10秒ほど。すでに犬などではその効果が実証されているが、人体で実験したのはゼイナー氏が初めてとのことだ。現在までゼイナー氏の筋肉量に変化は見られないそうだが、バイオハックの可能性を示した実験として世界中から大きく注目されている。

編集したDNAを自らの体に注射するゼイナー氏「YouTube」より引用
【ガチ】自分のDNAをハックして編集する「バイオハッカー」が出現、激ヤバ人体実験をライブ中継! 10秒で遺伝子と人生を変える瞬間の画像2画像は「YouTube」より引用

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ