【独占入手】富岡茂永容疑者が犯行前に送った手紙全文!富岡長子さんへの誹謗中傷「死後に於いてもこの世に残り怨霊となる」「父は宇宙人と遭遇」

関連キーワード:

,

,

【独占入手】富岡茂永容疑者が犯行前に送った手紙全文!富岡長子さんへの誹謗中傷「死後に於いてもこの世に残り怨霊となる」「父は宇宙人と遭遇」の画像1茂永容疑者(ANNnewsCH)「YouTube」より引用

 7日夜、東京都江東区の富岡八幡宮周辺で、宮司の富岡長子さんと運転手の男性が弟の茂永容疑者とその妻に刃物で襲われ、神社関係者男女4人が死傷した事件。これまでの捜査で、茂永容疑者の姉・長子さんへの恐ろしいまでの憎しみが次々と明らかになる中、一際注目されているのが、茂永容疑者が事件直前に富岡八幡宮の氏子宛てに投函したとみられる長大な手紙だ。すでに各報道機関により一部公開されているが、この度、トカナでは便箋8枚、述べ1万文字以上にわたる手紙全文を独自に入手、無料で全公開することにした。茂永容疑者の抱えていた闇をしかとご覧頂きたい。

 言葉の過激さとは裏腹に落ち着いた筆致で、延々と姉・長子さんを含めた家族への恨みが綴られている一方、自身については、数々の嫌がらせや誹謗・中傷に負けずに如何に富岡八幡宮の復興に尽くしてきたかを伝えるヒロイックな叙述に終始している印象が強い。冒頭で「富岡家の内紛について、その真相を此処にお伝えさせて頂きます」と述べてはいるが、ここに書かれていることが100%真実だと受け止めることは到底できないだろう。たとえ、茂永容疑者の言葉が真実であるとしても、実の姉、そして妻の命を奪う理由にはならないことは言うまでもない。

【独占入手】富岡茂永容疑者が犯行前に送った手紙全文!富岡長子さんへの誹謗中傷「死後に於いてもこの世に残り怨霊となる」「父は宇宙人と遭遇」の画像2

(以下手紙本文)

「ご関係の皆様

富岡八播宮 元宮司 富岡茂永

富岡八幡宮及び富岡家の内紛、お家騒動、歴代宮司(宮司代務者)の数々の不祥事につきま しては、氏子崇敬者を始め、神社界の皆様、ご関係各位に、長期に亘り多大なるご迷惑と、 ご心配をお掛け致しました事、衷心よりお詫び申し上げます。

さて、先ずは約30年に亘り続きました、富岡家の内紛について、その真相を比処にお伝え させて頂きます。私の姉で現在の宮司(宮司代務者)である富岡長子は、中学生のときから、シンナーや覚せい剤、男遊びなどに溺れ、高校にも行かず、錦糸町の喫茶店等で、ウエイト レスのアルバイトをしながら、家出同然の生活をしておりましたが、20歳の時に喫茶店の 客として来ていた国鉄勤務の男性と結婚し、一児をもうけました。しかしその異常なまでに 激しく、乱暴な性格から、子供を捨て出戻って来る事になりましたが、中学しか出ていない 姉を雇ってくれる会社もなく、当時宮司であった父の興永が神社の経理をさせる事にした のです。当時の私は、大学を卒業後、皇學館大學の専攻科を修め、富岡八幡宮の権禰宜でし た。(私と姉は1学年違いです)姉は名目上神社の事務員でしたが、仕事は殆ど他の事務員 に任せ、大検の学校やその後、大学夜間部に通っておりました。身内と言う事で、父も上司 である私も黙認しておりました。その頃には、父親の躁うつ病が悪化し、殆ど父が仕事を出 来なかった事もあり、私は禰宜から権宮司へと昇進し、実質上、神社の運営を任されていま した。そんな中でも、殆ど勤務実態のない姉に肩書を付けてあげたり、給料を他の職員水準 より高く出したりと、随分と面倒を見てやりました。【実際は姉の立場と、経理の立場上知 り得た私の弱み(交際費)等を悪用し、大声で怒鳴る等の強要・脅迫・恐喝の数々でした。】

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ