伝説のハイジャック犯「D.B.クーパー」の正体、ついに特定へ! 47ぶり未解決事件に進展、辣腕TVマンの執念実る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【未解決事件 完全紹介シリーズはコチラ】

 あのD.B.クーパーが、ついに正体を特定された!! ――といっても、日本人の多くは「D.B.クーパーって誰や?」というのがオチかもしれない。実は彼こそ、21世紀の現在も逃亡中の、米国史上唯一の未解決のハイジャック事件の実行犯なのだ。


■1971年の未解決ハイジャック事件

 1971年11月24日の感謝祭前夜。ノースウエスト航空11便はオレゴン州ポートランド空港を飛び立ち、シアトルへ向かっていた。離陸直後、機内ではダンディーな紳士がタバコに火をつけ、バーボンソーダをオーダーしていた。70年代のアメリカ国内線なら見慣れた光景であっただろう。ただ少し違うのは、ドリンクを運んできたCAに代金と一緒にメモを渡したことだ。そこには次のように書かれていた――「自分は爆弾を所持している」。

dbcooper1.JPG
IFL Science」の記事より

 そう、紳士はダン・クーパーという偽名で搭乗したハイジャッカーだったのだ。彼は20万ドルとパラシュート4つを要求した。シアトル・タコマ国際空港到着後、乗客36人と乗務員2名は降ろされたが、何も知らされていない乗客たちは、給油のためだと信じたそうだ。パイロット2名を人質に飛行機は再び離陸、メキシコ・シティへ向かうよう命じられた。そして、機体を高度3000mまで低空飛行させると、彼は札束が詰まったリュックを背負い、後部ドアからパラシュートでダイブ!

 後方から空軍の戦闘機2機が追跡していたが、視界不良で犯人が落下する様子を確認することができなかったという。おそらく、ポートランド北部にあるアリエル郊外に着地したものと思われたが、その後の足取りはプッツリと途絶えてしまった。

 その離れ業から、犯人は熟練スカイダイバーということになり、容疑者も複数上がったが、決定的証拠がつかめず今に至っている。この前代未聞の逃走劇が、当時のアメリカでかなり話題になったのもうなずける。ハリウッドのアクション・パニック映画さながらに天空からダイビングし、その間、誰も傷つけず終始紳士的振る舞いだったことからアンチヒーローに祭り上げられたのだ。

dbcooper2.JPG
画像は「Wikipedia」より

 あれから47年――当時の捜査関係者らが次々とリタイアし、「D.B.クーパー事件」はコールドケース目前となっていた。しかし、執念深くヤツを追い詰める男がいた。辣腕TVプロデューサーのトーマス・J・コルバート氏だ。これまでにFBI、法医学者、私立探偵など、あらゆるリソースを駆使して犯人割り出しに全力を傾けてきた。

コメント

2:匿名2018年2月 6日 21:41 | 返信

ここまで英雄視されるハイジャック犯が日本人に居ただろうか?

1:匿名2018年2月 6日 15:22 | 返信

おーやっとか
子供の頃テレビでこの顔見た時怖かったな〜

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。