• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 エリア51にもほど近い砂漠に、奇妙なオブジェクトが存在するとネット上で話題となっている。英紙「Metro」が今月14日付で報じている。


■グーグルマップで新たな発見

 グーグルマップでは世界の各地にUFOや遺跡らしき謎の地形や物体が見つかっており、トカナでもたびたび紹介している。今回新たに発見されたのは、米国カリフォルニア州の砂漠地帯にある、UFOとしか言いようのない形状をした不思議な物体だ。

0215ufo-1.jpg
画像は「Google Map」より引用

 人家も建物もない荒涼とした砂漠地帯にポツンと現れる、明らかに人為的に作られたと思しき黒と緑の不思議な物体――。その形状は、スターウォーズシリーズに登場するミレニアムファルコン号を思い起こさせる。

 全長は140メートルほどで、近くにはなぜかボートらしきものが捨て置かれている。黒い物体の南側にも、ほぼ同じ形状をした一回り小さい物体が砂に埋もれていることが確認できる。さらに、近くには車や小屋のようなものまで確認できる。

0215ufo-2.jpg
画像は「Google Map」より引用

 この地形はグーグルマップで「35°53'23.87"N 117°40'16.54"W」と検索すると見ることができる。かのエリア51から800kmほどの場所で、近くには空軍基地もある。

コメント

7:匿名2018年8月13日 21:52 | 返信

典型的なRCS(レーダー反射面積)計測施設です。
地表からの反射と計測対象の反射を区別できるように工夫されたすり鉢状になっており、
砂漠の中なのでしばらく使わないとすり鉢の底に砂が溜まってしまうんでしょう。
表面は電磁波吸収材が貼られているので黒っぽく見えます。
この中心部に支柱に載せた計測物を置いてレーダーを照射します。
世界中の軍事研究施設や航空機メーカーに似た形のものが見られます。
塗りつぶされている方の画像は試作中の飛行機か何か、
公開されたくない計測物が写ってしまったので修正されたのでしょう。
ボートが置かれているのは洋上監視レーダーの能力を調べるサンプルでしょうね。

6:匿名2018年4月 2日 17:01 | 返信

これは周辺をよく見ると分かるが、大量の戦車が散在してる。
おそらく軍事企業の敷地(練習場)じゃないかと。
円形の部分は水が溜まっていて戦車の洗車(ダジャレじゃないです)に使ってると思われる。

5:匿名2018年4月 2日 16:59 | 返信

これは周辺をよく見ると分かるが、大量の戦車が散在してる。
おそらく軍事企業の敷地(練習場)じゃないかと。
円形の部分は水が溜まっていて戦車の洗車(ダジャレじゃないです)に使ってると思われる。

4:匿名2018年4月 2日 16:58 | 返信

これは周辺をよく見ると分かるが、大量の戦車が散在してる。
おそらく軍事企業の敷地(練習場)じゃないかと。
円形の部分は水が溜まっていて戦車の洗車(ダジャレじゃないです)に使ってると思われる。

3:匿名2018年2月19日 03:11 | 返信

ソーラーポンドでは?って思った。

2:匿名2018年2月17日 01:17 | 返信

これは気になる。
なんなのか誰か教えてクレメンス。
トカナは面白くない事実だったとしても記事にしてくれよな。

1:匿名2018年2月16日 12:54 | 返信

もうここの記事って東スポにすら満たないよね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。