【衝撃】2年間で20回“産卵した”14歳少年が発見される! レントゲンにも映り込み… 家族も困惑する謎の卵=インドネシア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 インドネシア人少年が「産卵」した――。医療の常識を根底からひっくり返す事態に、医療業界は騒然としている。しかも、この少年、なんとこの2年間で20個も産んだというから驚きだ。


■“産卵”し続ける少年

「うちの息子が今日また産卵した!! これは一体どういうことだ!?」

 パニックになった家族に付き添われ病院にやってきたアカミル君、14歳。2年前から産んでいるというのが本当ならば、12歳から“産卵”し続けてきたことになる。病院で医師がアカミル君のレントゲンを撮ってみたところ、家族の主張は正しいことが判明した。本当に卵が彼の体内にあったからだ。

20eggs1.JPG
Express」の記事より

 ところが、父親の説明がなんとも不可思議であった。「最初の1個を割ってみると、白身はなく、中身全部が黄色かった。だが、次に産まれた卵を割ると、今度は中身が全て白く、黄色くなかった」。

 ……訳がわからない。病院は「割る? 殻がついていたということか。鳥類でもあるまいし。誰かが卵を彼の直腸に押し込んだはずだ」と言い放った。病院側が冷静な見解を貫いた背景には、かつて同国で起きた事件が関係しているという。

20eggs2.JPG
アカミル君(14歳) 「Express」の記事より

 実は、インドネシアには、過去にもやはり別の男性が「卵を産みました」と言い、ジャカルタの病院に来るという珍事があった。その時に来たのは少年ではなく、初老の男性だった。病院が獣医師の協力のもと調べたところ、その卵は産卵後2週間経過した鶏卵だったという。温かい体内に収まっていたせいかすくすくと育ち、病院に来た時には孵化直前だった。

関連キーワード

コメント

8:匿名2018年9月13日 15:05 | 返信

いや結論わからんのかーい

7:匿名2018年3月20日 14:15 | 返信

ケツ圧で割れないものなのね

6:匿名2018年3月19日 01:12 | 返信

ただの性癖や

5:匿名2018年3月18日 21:29 | 返信

東南アジアでは体内から釘が出たりそれが日常とは言わないがよく聞く話
卵が出てもおかしくない

4:匿名2018年3月18日 19:24 | 返信

画像で観たらかなりデカそうやけど……スカルファック出来るなあ

3:匿名2018年3月18日 16:54 | 返信

処女でも少女でもない 生物学上オスの《少年》が卵を産む
突っ込みどころ満載だな
産んだ卵のDNA鑑定すれば 正体は一発でわかるだろ


2:匿名2018年3月18日 14:52 | 返信

14歳で卵入るとか肛門ガバガバやんけ

1:匿名2018年3月18日 14:17 | 返信

鳥人族の末裔とかじゃなかったのか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。