公衆トイレの「ハンドドライヤー」が雑菌だらけで“超不衛生”…とある実験結果が海外で話題に! 企業は反論も、世論は納得せず!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
handdryer1.JPGハンドドライヤーにわずか3分入れておいただけのシャーレの2日後 「Daily Mail」の記事より

 上の写真はわずか48時間後に、かなり大きく成長した雑多な菌が無数に付いたシャーレ皿である。ニコールさんは、ハンドドライヤーには使用する人々の手に付着する「病原菌や細菌の可能性のある菌株」が存在していることを説明する。言うまでもなく、病原性真菌および細菌はさまざまな病気の原因となるものだ。

 ニコールさんの取った実験方法はごく簡単なものであった。

「私は公共トイレのハンドドライヤーに蓋を開けたシャーレ皿を合計3分間だけ貼り付けておきました。はい、たった3分だけです」

 彼女の言うハンドドライヤーとは、トイレの壁に設置されていて上から手を差し入れて乾かす仕組みの物を指している。そして、「もう二度とハンドドライヤーで手を乾かさないでください」と彼女は強く訴える。彼女の投稿は、これまで50万回以上共有されるが、誰よりも彼女自身が、この実験結果に驚愕している。

「私もこの種のハンドドライヤーを何千回も使ってきましたが、現実がわかってうれしく思います。これからは手をよく洗って布で拭くか、自然乾燥することにします」

 ニコールさんは、一見、手から水気を吹き飛ばすドライヤーは道理にかなっていると説明する。しかし、トイレの空気中には非常に多くのカビ胞子が存在している事実が見落とされている。 ハンドドライヤーの中でも、箱の中に手を差し入れるタイプは最も汚染されやすい。

 しかし実は、箱型のハンドドライヤーだけが危険なのではない。他の古い形のハンドドライヤーも同様、真菌の胞子がはびこっている。それらを考慮すると結局、ハンドドライヤーよりもペーパータオルで手を拭くほうがまだ安全だということだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2018年3月17日 20:28 | 返信

エアドライヤーが菌を撒き散らすのは常識。
既に食品を扱う企業の多くで
使用禁止になっている。

1:匿名 2018年3月17日 12:19 | 返信

愚かだ (゚Д゚)
汚れた手を拭くのだから、紙であろうと、布であろうと、使えば汚れる。
あたりまえだ。
エアタオルだけ責めるのは、池沼だとしか思えない。
・・・、
タオルだけじゃくて、頭も使いましょう。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。