【近親相姦】寝ている妻の隣で美人母(44)とのセックスに溺れていた息子(25)が逮捕! 欲求不満なメッセージも「あなたはハンサム…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

【近親相姦】寝ている妻の隣で美人母(44)とのセックスに溺れていた息子(25)が逮捕! 欲求不満なメッセージも「あなたはハンサム…」の画像4左、シャノンさんとファイファーさん。右、シャノンさんとキッチンズさん「Daily Mail」より引用

 妻のシャノン・ロマンさんは、ファイファー氏が母親とただならぬ関係にあることを薄々気付いていたようだ。それというのも、8月頃からファイファー氏は夜な夜なロマンさんと寝ているベッドから抜け出し、母・キッチンズさんが寝ているゲストルームを訪れていたという。

 とはいえ、禁断関係は長く続かず、2016年の9月7日にキッチンズさんが逮捕され、翌日にファイファーさんも逮捕された。だが、2人の関係が警察に明らかになった理由は現在も分かっていない。当時の情報によると、2人はそれぞれ70,500ドル(約750万円)と30,000ドル(約320万円)の保釈金で勾留されており、最大3年の懲役刑に処される予定だったようだ。

ファイファーさんは近親相姦に加えて、児童虐待の罪にも問われている。報道によると、家庭の問題に悩んでいる様子で、ストレスを溜めていたそうだ。そんな折、年齢の割にスタイルも良く、色気のある母親についつい甘えすぎてしまったのかもしれない。

【近親相姦】寝ている妻の隣で美人母(44)とのセックスに溺れていた息子(25)が逮捕! 欲求不満なメッセージも「あなたはハンサム…」の画像5画像は「BBC News」より引用

 母親と懇ろな関係になるのは何も息子ばかりではない。今年3月には、米オクラホマ州のパトリシア・アン・スパンが実の娘と結婚、近親相姦で逮捕されている。ちなみに米国では条件付きで近親相姦を合法としている州もあり、ミシガン州やニュージャージー州では成人ならば近親姦の刑事罰が存在しないという。おかしいと思われるだろうか? 実は、我が国日本においても成人の近親者同士の合意に基づく性的関係についての刑罰規定は存在しないのである。

近親相姦のニュースはアメリカ発のものが多いが、それは近親相姦を禁止している州が圧倒的多数のため、発覚件数が多いということだろう。しばしば、日本ネット掲示板などでは近親相姦のエピソードが投稿されることがあるが、もしかしたら思いのほか、近親相姦を経験している親子は多いのかもしれない。
(編集部)


参考:「Daily Mail」、「Scallywag & Vagabond」、ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。