“三つ目のエイリアン”がビームで街を攻撃した「ヴォロネジUFO事件」! 新聞も報道、住民が一斉に目撃した3m宇宙人の謎!

三つ目のエイリアンがビームで街を攻撃した「ヴォロネジUFO事件」! 新聞も報道、住民が一斉に目撃した3m宇宙人の謎!の画像3 「FindingUFO」より

 その姿がまた実に印象的だ。身長は2.7メートル(9フィート)ほどと背が高く腕も長い。がっしりした胸板の厚い上半身で首はなく、肩からなだらかに出っ張ったような頭を持っている。服装も独特で、銀色のジャンプスーツのような衣類で全身を包み、足はブロンズ色のブーツで身を固めていた。

 首がないドーム型の顔をよく見ると、光を放つ目が3つあったことを目撃者たちは語っている。両側にある2つの目は白く光っており、その間にある目は両側の目よりも若干高い位置にあって赤く発光し、まるでレーダーのように回っていたという。

 目撃者はまた、エイリアンの胸の部分にCDやDVDのような円盤状の物体があったと報告している。この奇妙な円盤は足元の地面をスキャンしたり、UFOのハッチを閉じるのに使われたように見えたという。

 低空で浮いていたUFOだったが、エイリアンが出てきてからは4本の足が伸びてきて芝生の地面に着地した。完全に接地してからは、もう2体の同様の姿をしたエイリアンが出てきたという。またさらにロボットと思われる箱に手足が生えたような姿の物体がエイリアンに従うようにして出てきたということだ。ヴォロネジの街のバス停の前で、まさにSF映画のロケ撮影のようなスペクタクルな出来事が繰り広げられたのである。

 息を呑んで、信じられない光景を目の当たりにしていた目撃者たちだったが、どうやらエイリアンたちは付近一帯の土壌を調査しているように見えたという。ロボットのような機体は、詳しい分析をする精密機器のようであった。

 辺りの土壌を調査していたエイリアンたちだったが、3人のうちのリーダー格と思われるエイリアンが胸の円盤からビームを放った。これに驚いた目撃者の中の若い男性が思わず声を上げてしまった。

三つ目のエイリアンがビームで街を攻撃した「ヴォロネジUFO事件」! 新聞も報道、住民が一斉に目撃した3m宇宙人の謎!の画像4 「FindingUFO」より

 その声に気づいたエイリアンがその若者をにらみつけた。このエイリアンの挙動に残りの目撃者も戦慄。ついには悲鳴をあげる者も出てきて現場は騒然となる。

 人々はパニックに陥り、もはや収拾がつかなくなったと思われたところで、なんとエイリアンたちとUFOは忽然と姿を消したのだった。

“三つ目のエイリアン”がビームで街を攻撃した「ヴォロネジUFO事件」! 新聞も報道、住民が一斉に目撃した3m宇宙人の謎!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル