「第三次世界大戦はウクライナで始まり、人類とレプティリアンの死闘になる」英紙が報道! 爬虫類型エイリアンの陰謀を解説!

 第三次世界大戦が近い、戦火の発端はウクライナ――。インターネット上で物騒な噂が流布しているようだ。


■「レプティリアンが、その存在の隠蔽工作として第三次世界大戦を仕組んでいる」

 まだまだ予断を許さぬシリア情勢だが、ここにきてイランとイスラエルの対立も激しさを増しているのは極めて不穏だ。そしてネット上では第三次世界大戦が近いという噂が流れ始めていることを英紙「Express」が報じている。この記事によると、この第三次世界大戦を裏で画策しているのはレプティリアンであるというのだ。

 先ごろ、「2CirclesArchive」というYouTubeチャンネルが突如、レプティリアンの陰謀を解説する動画を続々と投稿して警鐘を鳴らしている。その中にはレプティリアンの裏工作による第三次世界大戦が迫っていると警戒を呼びかける動画もあるのだ。

「寄生レプティリアンどもは人類が自分たちの存在に気づき始めていることを知り、自らの存在を隠蔽するために第三次世界大戦を仕組んでいる。これこそが国際的軍事紛争の決定的な原因なのだ」(動画より)

「第三次世界大戦はウクライナで始まり、人類とレプティリアンの死闘になる」英紙が報道! 爬虫類型エイリアンの陰謀を解説!の画像1Express」の記事より

 動画によれば、レプティリアンに時間は残されておらず、自分たちの存在を隠蔽する最後の手段として地球規模の軍事紛争を画策しているということだ。そして今こそ人類が一致団結してレプティリアンに対して宣戦布告しなければならないと主張している。

「レプティリアン対人類の戦いです。人類対人類の戦いではありません。ましてや西側諸国とロシアの戦いでもありません」(動画より)

 人類は今、この世界を影で操っているのがレプティリアン型エイリアンであることを完全に暴き出す寸前の状態にあるという。そしてもし第三次世界大戦となれば真っ先に戦場となるウクライナの人々に、今すぐあらゆる手段をもって手あたり次第に連絡して真実を伝えることを呼びかけているのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ