赤ん坊の身体に閉じ込められた23歳の男 ― 身長46センチ、体重5キロ…奇病「ラロン症候群」か!?

関連キーワード:

,

,

,

,

 1995年、インドのパンジャブ州に住むジャグター・シンさんと妻マンジート・カウアさんの間に、かわいい男の子が生まれた。マンプリートと名づけられ、大切に育てられたそうだ。しかし、生後6カ月を過ぎる頃、ある異変が現れた。マンプリート君が、大きくならないのだ――。


■1歳で成長がストップ

 それまでスクスクと育っていたマンプリート君は突如として成長を止めてしまったかのようであった。すぐに、医者に診せたものの「そのうちまた、育ちはじめるだろう」と、のんきな返事。だが、その期待は無残にも裏切られることになる。

 ただの発育不良ではなかった。1歳になる頃には完全に成長がストップしたと、地元の開業医から言い渡された。マンプリート君の兄と姉は、心身ともに正常に発育したのだが、なぜか彼だけが赤ちゃんのままとなってしまった。

赤ん坊の身体に閉じ込められた23歳の男 ― 身長46センチ、体重5キロ…奇病「ラロン症候群」か!?の画像1 「The Sun」の記事より

 両親は小さな農場を経営しており、決して裕福ではなかったが、それでも機会があるたび、息子を連れてさまざまな病院に診てもらっていたという。しかし、「甲状腺になんらかの異常がある」、「レアケースである」ということ以外わからず、精密検査を受けるには経済的理由でかなわないという状況だった。

 一部の専門家は、マンプリート君の病状を「ラロン症候群」ではないかと指摘している。世界で300例しかない小人症の一種で、非常に特異な遺伝子変異が原因とされている。子どもの成長に重要なインスリン様成長因子1(IGF-1)というホルモンの欠如によって起こり、手足がむくみ、大きな頭にシワシワの顔が特徴だという。

 つまり、現在のマンプリート君は23歳の青年にして、1歳程度の心身を持つ大人ベビーなのだ。話したり、歩いたりする以前に成長を止めてしまった彼を見て、両親が受けたショックは計り知れない。やがて、貧しさゆえにマンプリート君の世話を適切に行うことが困難になった両親は、インド北西部の都市ヒサールに住むカランビア・シンさんとラクウィンダー・カウアさん叔父夫婦のもとへ息子を委ねることにしたのだった。

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年9月20日~26日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

赤ん坊の身体に閉じ込められた23歳の男 ― 身長46センチ、体重5キロ…奇病「ラロン症候群」か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル