独立直後のアメリカで目撃された歴史的UFOやエイリアン5選! 初代大統領と“緑の訪問者”、空飛ぶ“銀の蛇”出現…!

■テキサス州の銀の蛇

独立直後のアメリカで目撃された歴史的UFOやエイリアン5選! 初代大統領と緑の訪問者、空飛ぶ銀の蛇出現…!の画像9画像は、「UFO INSIGHT」より

 1873年、テキサス州の棉花畑で働いていた労働者たちが、奇妙な物体が飛行しているところを発見。その飛行物体は太陽の光に反射して銀色に輝いており、ものすごいスピードで動いていたことから“銀の蛇”と呼ばれるように。

 奇妙な飛行物体はすぐさま消えてしまったが、翌日カンザス州でも同じような飛行物体が確認された。カンザス州で目撃されたものは“銀の鳥”と呼ばれ、地元住人は銃で撃ち抜こうとしたものの、まったく弾が当たらなかったそうだ。それからおよそ20年後の1892年にも、アリゾナ州でカウボーイが同じような飛行物体を目撃したとの証言が残っている。

(文=山下史郎)


参考:「LISTVERSE」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

独立直後のアメリカで目撃された歴史的UFOやエイリアン5選! 初代大統領と“緑の訪問者”、空飛ぶ“銀の蛇”出現…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル