「感謝された水」と「バカと言われた水」を工学博士が徹底分析! 驚愕結果「人の意識や言葉は原子変換を起こす」

 人の言葉や思いが、物質に影響を与えるかもしれない――。今回はトカナはその謎に迫るべく、工学博士に取材した。

「感謝された水」と「バカと言われた水」を工学博士が徹底分析! 驚愕結果「人の意識や言葉は原子変換を起こす」の画像1

 1999年に出版された江本勝氏の『水からの伝言』が今あらためて注目されている。江本氏は、人の想念が水に影響を与えることを示し、その内容は科学者だけでなく政治家や教育者、芸術家、そして一般の人々の間でも大きな波紋を呼んだ。その結果、2009年までには世界45カ国に翻訳され、2004年にはニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに17週連続でランクイン。この研究について実際に実験している奇妙な動画が、オンラインニュースサイト「EWAO」で取り上げられた。


■話しかけた言葉によって、水が変化する?

 同サイトでは、人の言葉が水に影響を与えていることを実証しているとする奇妙な実験動画を紹介している。

 『水からの伝言』では、氷の結晶が人の言葉や音楽の影響を受ける様子を特殊な顕微鏡で撮影していたが、「EWAO」では、人の投げかける言葉の影響を受けた水が、そこに浸してある米にどのような変化をもたらすかが紹介されている。

 この動画の実験では、3つのビーカーに同じ量の水に浸した同じ量の米が入っている。この3つのビーカーのうちの1つには、毎日「ありがとうございます」と声を掛ける。2番目のビーカーには、「おまえはバカ者だ」と声をかけ続けた。そして残りの1つは、まったく無視した。

 そして1カ月後、「ありがとうございます」と声をかけられ続けたビーカーの中の米はほどよく発酵し、心地よい香りを発するようになった。一方、「おまえはバカ者だ」と言われ続けたビーカーの米は黒く変化した。そして完全に無視されたビーカーの米は、なんと腐敗し始めていた。

動画はYouTubeより

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ