「わたし、死んじゃったの…」少女霊が出る鹿児島の無人温泉を取材!地元民が拒絶する激ヤバ心霊スポット!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

「わたし、死んじゃったの…」少女霊が出る鹿児島の無人温泉を取材!地元民が拒絶する激ヤバ心霊スポット!の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 鹿児島県の鹿児島市から村営フェリー『としま2』に揺られて南下すること約6時間。鹿児島県の某島に、『X温泉』という温泉施設がある。この施設は、マグロやアラなどといった魚を釣るためにやって来る釣り客や地元の人のために造られたものだが、地元の人に行くのを止められるという不思議な温泉施設だ。

 鹿児島市内にある温泉宿で会った50代くらいの虚無僧の紹介で、40年くらい前から島で民宿を経営しているAさんを訪ねると、『X温泉』にまつわる奇妙な話を聞くことができた。

X温泉で黄色っぽい着物を着た女の子の幽霊が目撃されたのは、昭和40〜50年代のことになります。鹿児島から船に乗って診療に来ていたお医者さんが、キレイな花を摘んでいるところを見ています。集落から9キロも離れているのに一人でいるのはおかしいと思って声をかけると、『わたし、死んじゃったの……』と言って、しくしくと泣き始めたそうです。お医者さんは、民宿に連れて帰ろうとしたのですが、原生林の中に消えてしまったそうです。ここだけの話ですが、昭和30〜31年頃、小学校に入ったばかりの女の子が亡くなっているんです。その子は、島に養子に来た子だったのですが、釘を踏み抜いて破傷風にかかってしまいました。通報を受けて鹿児島から飛んで来たヘリコプターが上空から注射器などを落とそうとしたのですが、風雨の強い日だったので何をすることもできませんでした。黄色っぽい着物を着た女の子の霊は、その日の晩に亡くなったHちゃんに良く似ているそうです……」

『X温泉』は、無人の温泉施設で、浴室は、男女別となっている。浴槽は、丸い石で造られた岩風呂となっており、窓が2面あるために明るい光が差し込んでくる。施設内には、畳の大広間があり、以前は、休憩施設として利用されていたこともあった。

「わたし、死んじゃったの…」少女霊が出る鹿児島の無人温泉を取材!地元民が拒絶する激ヤバ心霊スポット!の画像2撮影=小倉門司太郎

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ