「17年間で675人の子供を生贄として殺害」ガーナの牧師が告白! 悪魔崇拝グループの存在と人身御供を暴露、大ニュースに!

関連キーワード:

,

,

,

 悪魔崇拝の儀式のため、17年間で600人以上の人々を殺害した——匿名の男性の告白が西アフリカ・ガーナで大きな話題となっている。彼は自らの持っていた悪魔の力を維持するため、実に675人もの生贄をささげたというのである。しかも、犠牲となったのはほとんどが子供だった上、その子供たちは彼の仲間の医療従事者らが連れてきたというのだから驚きである。この事件は英「Daily Mail」でも報じられ、世界的にも反響を呼んでいる。


■悪魔崇拝で子供を生贄に?

 ガーナの地元ニュースメディア「Yen.com.gh」によると、この衝撃的な事件を明らかにしたのは現地では有名なトーク番組「OTWINOKO SHOW」である。先ごろこの番組にかつて悪魔の牧師であったという30代の男性が出演し、そのおぞましい信仰と儀式についてインタビューに答えたというのである。インタビューの様子はYouTubeにもアップされており、顔をすっぽりと隠す仮面を付けた男性が、淡々とした口調で自らが過去に犯した犯罪について語っている様子を見ることができる。

「17年間で675人の子供を生贄として殺害」ガーナの牧師が告白! 悪魔崇拝グループの存在と人身御供を暴露、大ニュースに!の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 仮面の男性は自らをダーク・スピリッツと共に生まれてきたのだと語り、これまでの人生のほとんどを暗黒の世界のために奉仕してきたと話す。彼にはかつて664もの悪魔がとりついていたそうだ。さらに、17年間はサタンと等しい存在として過ごしてきたと言い、その力を維持するために長年人身御供の儀式を行ってきたというのである。

 その犠牲者はなんと675人にも及び、そのほとんどは子供だったそうだ。さらに驚くべきことには、その子供たちを彼の元に連れてきたのは、同じ悪魔崇拝グループに所属する医師や看護師といった医療関係者だったという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ