• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 今年6月、米国・南フロリダにあるバイクショップの入口付近で、20歳の人気ラッパー・XXXテンタシオンが銃殺されるという衝撃的なニュースが世界を駆け巡った。XXXテンタシオンのように、早世したミュージシャンは少なくない。今回は、30歳を前にして亡くなったミュージシャンたちが残した“死にまつわる言葉”を紹介しよう。


■リル・ピープ

1807_musician_01.jpg
画像は、「Pitchfork」より

 2017年11月に亡くなったラッパーのリル・ピープは、音楽で死について表現してきた。薬物中毒と精神病に長年悩まされていた彼は、「Drive-By」という楽曲で“I'ma die, I ain't even 25”(俺は死ぬ。25歳の頃にはいなくなっている)と歌っている。

 その言葉通り、リル・ピープは抗不安薬「ザナックス」の過剰摂取によって21歳で死去。リル・ピープのメロディアスな歌声は、27歳で急逝したニルヴァーナのカート・コバーンと比べられることも多く、その才能に注目が集まっていた。彼の死は多くのミュージシャンに衝撃を与え、XXXテンタシオンも彼の死を悼んで「2017年中に俺はザナックスを止める」とコメントを発表していたのだが……。

1807_musician_02.jpg
画像は、「YouTube」より

コメント

2:匿名2018年8月27日 07:32 | 返信

Aviciiもそうだけど、この記事書いた人、誤訳多いね。
このジャンルに知識がない人なのか

1:匿名2018年8月26日 23:19 | 返信

Aviciiは享年28歳、しかも自殺ですよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。