少年少女を自殺させるゲーム「MOMO」がSNSで世界的に普及中! 12歳少女死亡、日本人関与疑惑、第2の青い鯨か!?

少年少女を自殺させるゲーム「MOMO」がSNSで世界的に普及中! 12歳少女死亡、日本人関与疑惑、第2の青い鯨か!?の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 昨年、「Blue Whale(青い鯨)」と呼ばれる“自殺ゲーム”がロシアを中心に世界各地で社会問題化した。標的となったのは主に10代の女性で、130人を超える死者を出したとも言われている。その後、同ゲームの首謀者だったフィリップ・ブデイキンが逮捕されたことで事態は収束したかにも思われたが、今新たな自殺ゲームが流行の兆しを見せているというのだ。

 英紙「Daily Mail」(8月2日付)によると、世界的に広く普及しているメッセージアプリ「Whatsapp」に「Momo」と呼ばれる自殺ゲームがここ数週間ランダムに送られているという。主にアルゼンチン、メキシコ、アメリカ、フランス、ドイツのユーザーが狙われており、すでにアルゼンチンでは12歳の少女が同ゲームにより先週殺害された可能性があると地元紙「Buenos Aires Times」が報じている。現在、当局は少女とコンタクトを取っていた10代の人物を捜査しているとのことだ。

少年少女を自殺させるゲーム「MOMO」がSNSで世界的に普及中! 12歳少女死亡、日本人関与疑惑、第2の青い鯨か!?の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 ゲーム内容は詳しく報じられていないが、暴力的なメッセージや画像がWhatsappを通して送られてくることが分かっている。また、テレビ・映画の小道具などの制作や特殊メイクを行なっている日本の会社Linkfactoryの相蘇敬介氏の作品の画像が同ゲームの“マスコット”として無断で使用されている。もちろんLinkfactoryはこのゲームと何の関係もない。

関連キーワード