2019年に富士山大噴火と南海トラフ巨大地震が連発か!? 予言者7人が一斉に“悪い予感”訴える危機!

 昨今、筆者のもとに「富士山噴火が近いのではないか」と思わせる情報が次々と集まりつつある。それらの多くは、富士山が噴火する夢を見たというものだ。しかも、そのような情報を寄せてくれる人々が、過去頻繁に予知夢を見ている“能力者”ばかりなのだ。これは看過できない異常事態である。

2019年に富士山大噴火と南海トラフ巨大地震が連発か!? 予言者7人が一斉に悪い予感訴える危機!の画像1画像は、「Wikipedia」より引用


■霊感が強い子どもが……!

 まず、「災害の夢ブログ」で知られるスズ氏だが、2月22日のブログ記事によると、富山に暮らす知り合いの超能力者が「印佛」(※)をしている最中、「富士山の噴火が間に合わない」と無意識のうちに言葉を発してしまったという。また、スズ氏の娘が、富士山噴火の夢を見たという。筆者も対面したことがあるが、この子は非常に霊感が強い子であり、信憑性は高いと感じる。

※ 印佛とは、スズ氏が広めている御札作りである。紙にお地蔵さまの姿の印を押したもので、災害防止を祈願する「御札流し」で使われる。


■2歳の子どもが突然発した言葉

 2月27日、フェイスブックの某グループに、とある女性の2歳の娘が「花火と富士山と何度も言っている」という内容の投稿があった。女性が娘に「富士山から花火あがるの?」と聞くと、そうだと答えたらしい。しかも、娘は数日後には「南のプレートが」という言葉を発していたという。「南」も「プレート」も、2歳の子どもの口からはあまり出てこない単語だ。富士山の下に「南」から沈み込んでいるフィリピン海プレートは、火山活動に影響を与えることは間違いないだろう。


■富士山からマグマが流れる夢

 人気ブログ「まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。」のブロガーで、予言を得意とする能力者でもある七曜高耶氏。これまで、2013年4月13日の淡路島地震(M6.3)、2015年5月の口永良部島噴火などを夢で予知していた女性だが、3月1日のブログ記事によると、その日に「富士」が「マグマ」(溶岩?)を流す夢を見たという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ