イルミナティ構成員であることが発覚した有名セレブ9人! ロバート・ダウニー・Jr、元大統領、王族.… “決定的証拠”も!

イルミナティ構成員であることが発覚した有名セレブ9人! ロバート・ダウニー・Jr、元大統領、王族.… 決定的証拠も!の画像1画像は「Vox」の記事より引用

 秘密結社イルミナティ。世界制覇を目的に、メンバーそれぞれが知恵を絞って切磋琢磨しながら、時にはぶつかり合い、それが結果的に結束をさらに強固にしている、といわれている歴史ある組織。では、どのようにしてその結束を固いものにしていくのか? メンバーがその証しと思われるものを示していることに、皆さんはお気づきだろうか? Nuttyと呼ばれる著名な陰謀評論家の解説をもとに、イルミナティの儀式をひもといていこう。


■イルミナティ高位の「痛みを受け入れる儀式」か

 こちらは、エジンバラ公フィリップ王配。青黒いあざが痛々しい。2013年に撮影されたものだ。

イルミナティ構成員であることが発覚した有名セレブ9人! ロバート・ダウニー・Jr、元大統領、王族.… 決定的証拠も!の画像2The Sun」の記事より

 イルミナティの新人メンバーが暴露したところによると、イルミナティの中でもさらに高位につく儀式の場では「痛みを受け入れること」を強制されるという。

 高位につこうとしない者たちはこの儀式に参加しないのだから、顔にあざをつくることは、イルミナティの中で優秀者だと認識されたからこそ与えられた気高い「証」というべきだろう。フィリップ王配自身は「朝起きたらこうなっていたんだ」と話してはいたが……。

 こちらは、2005年のロバート・ダウニー・Jr.。

イルミナティ構成員であることが発覚した有名セレブ9人! ロバート・ダウニー・Jr、元大統領、王族.… 決定的証拠も!の画像3The Sun」の記事より

 この状態で恥ずかしげもなく堂々と国連施設で演説をしているあたり、本人は、このあざを誇り高いものと感じていたのだろうか?その自意識を想像すると、むしろそれに凄みを感じてしまう。

 エリザベス・ハーレイ。乳がん撲滅運動やチャールズ皇太子主催のチャリティー活動に精を出すなど、社会派セレブモデルとして活躍している。

イルミナティ構成員であることが発覚した有名セレブ9人! ロバート・ダウニー・Jr、元大統領、王族.… 決定的証拠も!の画像4The Sun」の記事より

 しかし、このような「善良な女性」として認識されている彼女についても、陰謀論者たちは「この種類のあざはイルミナティのトップとして認められつつある証拠」と主張している。

イルミナティ構成員であることが発覚した有名セレブ9人! ロバート・ダウニー・Jr、元大統領、王族.… 決定的証拠も!の画像5The Daily Mail」の記事より引用

 カルチャー・クラブのボーカルとして80年代に世界的人気を誇ったボーイ・ジョージ。彼の左目周辺にも生々しいあざが……! 彼が生み出した大ヒット曲の数々も、まさかイルミナティの意向が強く反映されたものだったのだろうか!?

イルミナティ構成員であることが発覚した有名セレブ9人! ロバート・ダウニー・Jr、元大統領、王族.… 決定的証拠も!の画像6The Daily Mail」の記事より引用

 2016年に惜しまれつつこの世を去った、世界的ミュージシャンのデヴィッド・ボウイ。なんと、彼も大きなあざをつけたまま公衆の面前に登場したことがある。死の直前には「グーグルこそイルミナティ。イルミナティはグーグル」というメッセージを残していたことも判明。最期に改心した彼の、命を懸けた告発だったということか!?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ