オーストラリア最大のUFO事件「ウェストオール」の解明に繋がる音源公開! 350人以上が目撃「UFO5機が20分間ホバリング」

オーストラリア最大のUFO事件「ウェストオール」の解明に繋がる音源公開! 350人以上が目撃「UFO5機が20分間ホバリング」の画像1画像は「YouTube」より引用

 オーストラリア最大のUFO事件として知られる「ウェストオールUFO事件」に関する目撃者の証言を記録した音源が再発見され、大きな話題になっている。


■ウェストオールUFO事件

 本題に入る前に、まずは日本ではあまり知られていないウェストオール事件の概要を見ていこう。

 1966年4月6日午前11時ごろ、オーストラリア・メルボルン郊外に乗用車ほどの大きさの銀色の円盤が上空を飛んでいるのをウェストオール高校の教師と生徒350人以上が目撃。円盤は近くの芝生に着陸すると再び上空に飛翔し、そのまま姿を消してしまったという。円盤が着陸した芝生は黒く漕げ付いてしまっていたそうだ。

オーストラリア最大のUFO事件「ウェストオール」の解明に繋がる音源公開! 350人以上が目撃「UFO5機が20分間ホバリング」の画像2画像は「News.com.au」より引用

 事件から2日後の8日には、ヴィクトリア州空飛ぶ円盤研究会(VFSRS)のメンバーがその焦げ痕を実際に確認し、その翌日には4人の軍関係者とともにオーストラリア超常現象研究会(PRA)のメンバーも聴き取り調査と土壌サンプルを採取したが、今日までその真相は明らかになっていない。

オーストラリア最大のUFO事件「ウェストオール」の解明に繋がる音源公開! 350人以上が目撃「UFO5機が20分間ホバリング」の画像3画像は「YouTube」より引用

■目撃者の証言

 だが、豪紙「News.com.au」(8月8日付)によると、UFO研究者のジェームズ・J・キベル氏が、当時ウェストオール高校の理科教師だったアンドリュー・グリーンウッド氏に行ったインタビューの詳細を語った音源が再発見されたという。

動画は「YouTube」より引用

「グリーンウッド氏によると、ひどく興奮したひとりの生徒が教室に駆け込んできて、空飛ぶ円盤が外に飛んでると言ってきたそうです。最初は生徒がおかしくなってしまったと考え、気に止めなかったそうですが、空飛ぶ円盤がいるとしつこく生徒が主張するため、外に出て自分の目で確かめてみたそうです」(キベル氏)

 そこでグリーンウッド氏は生徒が見つめている校庭の北東方向に目をやったところ、電線近くをホバリングするUFOが見えたそうだ。それは丸い形をした銀色の乗用車ほどのサイズの円盤で、金属製のロッドが空に向かって突き出ていたという。そして、しばらくすると、UFOの周りを囲うように5機の飛行物体が現れ、UFOを追いまわし始めたそうだ。

「グリーンウッド氏はその光景を最も驚くべき飛行だったと語っています。5機の飛行物体はUFOに近づくためあらゆる可能な方法を試みていたそうですが、どうして衝突しないのか分からなかったと言います。飛行物体がUFOに近づく度に、UFOはゆっくりと加速した後、急激に加速し、逃げてしまったというのです」(キベル氏)

コメント

1:匿名 2018年8月13日 14:34 | 返信

PRAはメガラニア生存説とかも研究してるのかな?

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。