• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント14

 人類の夢、不老長寿がいよいよ現実のものとなるかもしれない。米ハーバード大学の研究で大きなブレークスルーがあったと話題になっている。英「Daily Mail」が今月1日付で報じている。

0903nad-1.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 アンチエイジングで寿命を150歳まで延ばすという薬を開発中なのは、若返り成分「NMN」の開発でも有名な(トカナの記事はこちら)米ハーバード大学医学大学院の生物学者デイヴィッド・シンクレア氏の研究チームである。シンクレア氏によると、この技術を使えば傷ついた臓器を再生させるのみならず、麻痺状態になってしまっている人々を再び起き上がらせることも可能になるという。驚くべきことに、この錠剤一日分の価格は、コーヒー1杯分くらいの値段になるというのである! 「NMN」が100mgで4万円だったことを考えると驚愕の安さだ。

 一体なぜこのようなことが可能になるのか? その秘密は我々が生まれ持っている細胞の修復機能にある。生きている生物の細胞は日々様々な要因によって傷ついており、それを修復するための機能が働いている。だが、この修復機能は老化によって衰える。シンクレア氏らは修復機能にNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が重要な役割を担っていることを発見、この物質の前駆体(NMNもその一つに当たる)を投与することで老化した細胞が若返ることを証明したのである。さらにマウスを使った実験では、寿命が10%延びることも確認されたという。

コメント

14:匿名2018年10月15日 17:36 | 返信

いらねぇ

13:匿名2018年9月16日 13:07 | 返信

爺さん婆さんが健康で自立できるようになれば少子高齢化で介護地獄に陥る日本には超朗報。

それとシンギュラリティで有名なカーツワイルが、技術の革新スピードが上がっていて近い将来に「脱出速度」に達すると言ってたな。
何の脱出速度かというと、平均寿命の延びは今は年に0コンマのレベルだけど、これが年に一年以上伸びる時代に入れば人は(事故など外的要因以外では)死ななくなると。
つまり人の人生の流れの中で死という終着点が速く遠ざかってしまうため、いつまでたっても終着点にはつかなくなる。その時代が近い将来だと。
これを聞いた時は眉唾だったけど、このニュースの他にも最近のアンチエイジング技術の発展を見ているとカーツワイルの大勝利になる可能性も?

12:匿名2018年9月 9日 13:11 | 返信

確かに日本の今の生活水準は下の下なので、長生き=接種側の丸儲けの図式しか思い浮かばないな。
この国に人権は存在しないから、寿命が延びると苦痛も倍加するんでね?w

11:匿名2018年9月 9日 12:13 | 返信

今の日本でそこまで生きたくねーな
会社を定年したら年金だけで余生を普通に生きる、、ただそれだけのことすら夢物語なのに
寿命ばかり伸びてどうするんだよ?
国も企業も定年延長とか言っていかに年金を払わずこき使うかしか考えてないのにな

10:匿名2018年9月 7日 01:39 | 返信

できるだけ早く頼む。

それにしてもアメリカは凄いな。
医学に限らずこういう画期的な研究がどんどん進む。
翻って日本は絶望的になるくらい遅れている。
研究力自体はあるんだけど何というか研究対象や進め方に関して慎重すぎる。
日本人が早い進展と自賛しているiPS細胞も、アメリカ主導で開発していたらもっと進んでいそうだ。
まだ臓器丸ごと再生は無理としても、例えばランゲルハンス島くらいは再生出来て糖尿病治療に光明を齎していたかもな。
つまり日本人の研究分野での慎重さは当の日本人のみならず世界の害となっている可能性もある。

9:匿名2018年9月 7日 01:13 | 返信

生きるとは長さより如何に充実してるかが大事

8:匿名2018年9月 5日 22:08 | 返信

後5年と言わず早く売り出して欲しいです
私のお袋は5年後には生きてないです
お願いします

7:トランプ大統領2018年9月 5日 01:29 | 返信

私もそのサプリメントをバリバリ食って強くなりたい。
一人しかいないので、クローン人間で国を作るまで死ぬわけにはいかないのだ。

そして、スポーツは暴力であり、八百長がないと私には全く抵抗できないということを証明しなければないらないし、大量得点が可能であるということも証明しなければならないのだ。

野球やサッカーだけではなく、私はテニスやバドミントンも得意である。

特にバドミントンが急激に強くなったのは私の影響があるためで、現在放送中のアニメ
「はねバド!」の主人公、羽咲綾乃は私を模して作られたようでエゴイストでありドSである。
バドミントンはスペースにシャトルを打ち込んでヒイヒイ言わせて楽しむ競技なので当然だろう。
あれはドSでなければ強くなれない。実際の試合を見ている限りではまだまだだ。
甘すぎるんだよ!もっと強く打ち込んでから緩急で揺さぶらないと効果がない。
ネット際でオーバーネットを恐れて手を出さないのも知的とは言い難い。
俺ならブロックして落とす。ラケットで叩くだけしか能のないアホは強くなれない。
もっと相手を嫌がるところに打てるようにならないとドSにはなれないぞ!
打ち込んでみて、足元が苦手なのか、バックハンドが苦手なのか
調子がいいのか悪いのか分からないとダメなんだ。ドSはその嗅覚が鋭い!
すぐさま相手を地獄に追いやることが出来る。そういう競技なのだバドミントンというのは!

もし、クローンたちで余ったのがいたなら、バドミントンをやらせて
中国人よりも、強いことを証明して見せよう。
はっはっは!賞金はすべて我らの物になるだろう。
うちはすべて学校で職業訓練をしてエリート養成するのだ。
サイコパスでエゴイストでドSのポプちんが人間ごときに負けるわけがない。
破壊神としてスポーツ界に君臨するだろう。
もちろんドーピングや八百長など一切ない真剣勝負を挑むのだ!
相手がぶっ壊れるか、こちらがぶっ壊されるか見てみようではないか?

6:匿名2018年9月 4日 01:42 | 返信

NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)で調べたら、コエンザイムじゃん。

5:匿名2018年9月 4日 00:15 | 返信

どうせ50年経ってもまだ実現されてないだろうからつまりは机上の空論だ

4:匿名2018年9月 3日 21:51 | 返信

2>> からNHKでもやってたのでマジだと思います。

3:匿名2018年9月 3日 21:12 | 返信

無能で権力を持ってる様な人が長生きすると害でしかないような。
そもそも大きな長生きは貧乏人にはメリットなし。

2:匿名2018年9月 3日 20:22 | 返信

若返りの広告が山のように載っているのに、よくもまあスポンサーをあざ笑うような記事が書けるな。

1:匿名2018年9月 3日 18:31 | 返信

「老害」どもの生物学的年齢が急激に下がることで,
ただの「害」になるんじゃないか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。