チベット仏教僧の脳波がヤバすぎることがデータで判明! 常人の800倍強烈な●●に学者困惑「科学では説明がつかない」

チベット仏教僧の脳波がヤバすぎることがデータで判明! 常人の800倍強烈な●●に学者困惑「科学では説明がつかない」の画像1photo by「The Wandering Angel」より引用

 2002年、瞑想中の脳波を計測するため、米・ウィスコンシン大学マディソン校に、21人の瞑想マスターが招かれた。この実験で精神科医のリチャード・デイヴィッドソン教授はとんでもない発見をすることになる。

 特に研究者らのド肝を抜いたのは、チベット仏教僧ミンギュル・リンポチェだ。1975年にチベットとネパールとのヒマラヤ国境付近に生まれたミンギュル・リンポチェは、13歳にして3年間の瞑想修行に入った。そこで密教における秘儀の1つであるマハームドラー(大印契)を修め、幼少の頃より悩まされていたパニック障害を克服。17歳にして僧院の瞑想指導を任されるようになった天才である。その後も瞑想修行は継続され、実験が行われた時点での総瞑想時間は6万2千時間(約2500日)に達していたという。

チベット仏教僧の脳波がヤバすぎることがデータで判明! 常人の800倍強烈な●●に学者困惑「科学では説明がつかない」の画像2画像は「Big Think」より引用

 そんなミンギュル・リンポチェの脳波はやはり常人とはまったくの別物だった。知的情報サイト「Big Think」(9月13日付)で、心理学者のダニエル・ゴールマン博士がその異常っぷりを伝えている。

「オリンピックレベルの瞑想修行者の脳波を見て驚いたのは、どんな時にでもガンマ波がとても強いということです。瞑想中だけでなく、1日中どんな時でもガンマ波が強いのです。その理由は我々にも分かりません。科学はこのようなものにこれまで遭遇したことがないからです」(ゴールマン博士)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ