• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 エリック・イーナー・ヒンカピエ・ラミレス(22歳)は、コロンビア人でタトゥー・アーティストだ。彼は「カラカ・スカル」と名前を変え、2年前に自分に大がかりなボディ・モディフィケーション(身体改造)を施し始めた。


■鼻と耳を削ぎ落し顔面タトゥーで“ドクロ顔”に

 その結果、彼は自発的に鼻と耳を削ぎ落したコロンビアで最初の人物となり、彼の大々的な身体改造はメディアの関心と一般の人々からの批判の両方を集めた。カラカ・スカルは、自分は子どものころから骸骨に魅了されていたのだと語る。しかし母親が極端な身体改造を認めなかったので、母親の死後に身体改造を始めた。

skeletalmodification1.JPG
ボディ・モディフィケーションをはじめる前のカラカ・スカル 「Lailas News.com」の記事より

 ボディ・モディフィケーションには、非常に痛みを伴ったとカラカは語る。まず彼は鼻の頭と耳たぶの大部分を削ぎ落し、舌先を裂くスプリットタンを施した後で、舌に青灰色のタトゥーを入れた。そして骸骨の眼窩に見えるように、目の周りに大きな黒いタトゥーを入れ、顔下半分にタトゥーで大きな骸骨の歯を描いた。彼はまた、頭部のタトゥーを目立たせるために髪形をモヒカンにした。

skeletalmodification2.JPG
Daily Mail」の記事より

 彼がコロンビアのウェブサイトに語ったところによると、外見を骸骨に変えたかった理由のひとつとして、「私たちは皆、皮膚の下に同じ骨を、そして死も共有しているからだ」とする持論が影響している。

skeletalmodification3.JPG
彼は眼球にもタトゥーを施している 「Lailas News.com」の記事より

 カラカは、「身体改造は個人的な決定であり、他人が価値を判断するものではないよ」と言う。そしてそれは、女性がより豊かに見せようとして行う乳房や尻へのインプラントでその女性の全てを判断するのと同じだとも言う。彼は骸骨を家族のように感じ、非常に愛着を感じると話す。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。