• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

 強制射精。読んで字のごとく、本人の意思とは関係なく強制的に搾り取る、最近はエロマンガなんかで、搾乳ならぬ搾精なんて言葉も出回っておりますが、まさにそうしたエロマンガ的な機械というものは存在するのでしょうか?

arumajiro1-1.jpg
イメージ画像は「Thinkstock」より引用

■実は奥が深い人工射精

 医学的には人工射精法というちゃんとした名称があり、オナニー目的ではなく、SEXできないけど人工授精で子供を作りたい人などに使います。

 適用対象者は成人では脊髄損傷などにより下半身の感覚がなくなってしまった人や、小児癌の放射線治療などで生殖能力を失ってしまう子どもです。大人になってから子供を作る可能性を考慮して精子を冷凍保存するために行われます。

arumajiro1-2.jpg
画像は「ガンと妊娠の相談窓口」より引用

 まずは、人工膣法。要するにオナホール、TENGAなどを使用する方法です。自立的な勃起が出来ない脊髄障害などの患者には適用できないため用途は限られています。

 次に、振動刺激法。バイブレーターを肛門に挿入することで直腸マッサージを行い強制射精させるのです。

 また、看護師が直腸マッサージする場合もあります。うまく射精できないことが多いためあまり用いられなくなりました。

 この辺までは想定している人も多いでしょう。強制射精といっても、電動オナホみたいなものか……とガッカリすることなかれ、世界はもっとすごい装置が存在します。

 それが、電気刺激法(electro ejaculation:EE)です。

コメント

9:匿名2018年10月10日 17:29 | 返信

アナル電気責めプレイがしてみたいw

8:匿名2018年10月 9日 19:46 | 返信

電極は普通に売ってるけどぴりぴりするだけだしなあ。

7:匿名2018年10月 9日 12:42 | 返信

ケモナー歓喜

6:匿名2018年10月 8日 19:45 | 返信

電流500mAに突っ込む奴居ないのかよ…あほか。

5:匿名2018年10月 8日 18:16 | 返信

無駄に広告が多い。
無駄にページを分割して、広告収入を得ようとしている。
そんなズルを行う物(もはや人ではないので”物”)は、ただのゴミ。

4:匿名2018年10月 8日 06:54 | 返信

そこまでしてやるかって思う…

3:匿名2018年10月 8日 01:48 | 返信

>>トラウマになったり変な性癖に目覚めたり、変な性癖に目覚めたり、もしくは、変な性癖に目覚めたりしないように
明記しづらい三種類の性癖なのか
重要なことだから3回繰り返したのか

2:匿名2018年10月 7日 21:13 | 返信

あまり本気にして使わないように また死者がでる

1:匿名2018年10月 7日 18:01 | 返信

色々な方法があるんだね。
変な性癖に目覚めても、その後は生殖能力がなくなるわけだから(そのための搾精だから)
全身麻酔なんてかけなくても良い気がするけど…w
3回言ってるから、きっと大事な事なんだろうw

もっと簡単だと思ってたなぁ。
勃起しないで、麻酔も使わずに、適当に採れるもんだと思ってたw
(病気で大変だから精子の保存を試みる訳で
そんな状況で射精できるほどリラックスできないだろうから。)

タマに針ってそんなに痛いのか…。
動脈の採血どころじゃないんだね。(あのメチャ痛い動脈採血でさえ、麻酔しないもん。)
それにしても。
紹介されてる牛用の道具って、人間に適用して大丈夫なんだろうか。
サイズ的にw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。