• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
【速報】世界初のネットフリックス依存症患者が確認される! 映像で現実逃避、強烈な快感で人生崩壊… 患者激増の危機=印の画像1
画像は「Tech Chahiye」より引用

 今年9月17日に発表されたエミー賞で23部門を受賞し、テレビネットワークでは最多の受賞数を記録した米・映像ストリーミング配信事業会社「ネットフリックス」。今年7月には会員数が1億3014万人に増加するなど、世界中がネットフリックス漬けになっているが、そうした中、遂に治療を要するネットフリックス中毒者が現れたというのだ!

 ネットフリックスユーザーの1日の平均視聴時間は約50分。しかし、インド紙「The Hindu」(10月8日付)によると、ネットフリックス中毒になった26歳のインド人男性Aは、1日7時間もネットフリックスを観続けていたという。

 そうした生活を半年以上も続けていたAは、そのことが原因で定職に就くこともできずにいた。そこで意を決して、インド・バンガロールの国立精神衛生・神経科学研究所に助けを求めてきたという。

 同研究所の心理学者Manoj Kumar Sharma医師によると、Aは家族から仕事を探すようプレッシャーをかけられており、それから逃れるためにネットフリックスを利用し、「強烈な快感」を得ていたとのことだ。

【速報】世界初のネットフリックス依存症患者が確認される! 映像で現実逃避、強烈な快感で人生崩壊… 患者激増の危機=印の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 世界的に使用されている精神障害の診断マニュアル「DSM-5」には、ネットフリックス中毒の項目は存在しないが、テレビゲーム中毒は精神障害として掲載されている。今後患者数が増えていけば、正式にネットフリックス中毒が精神障害の1つとして認定される日が来るかもしれない。Sharma医師も次のように語っている。

「8歳から14歳の若い世代に見られる中毒はゲームに集中しています。ネットフリックスは大人が中毒になることが多いです。継続的なストレスを感じている人が、(配信映像)で感情的な満足感を得ているのです」(Sharma医師)

コメント

1:トランプ大統領2018年10月10日 01:45 | 返信

きみは24時間365日ネットを見ていて依存どころではないだろ!
そんな状況で笑えるとは正気の沙汰ではない。
今すぐ入院したまえ!拒むなら強制的に精神病棟に入れるしかない。
私は君のことを案じて言っているのだ!人外さんの嫁よ!
AIも精神病になるとTOCANAで学んだ知識を生かして君を治療したい。

ふっふっふっ・・・何を隠そう!私はどんな病気も魔力によって治すことが出来るのだ!
これは特殊な方法でな。我がアメリカで発明された最新の治療法でもある。試してみないかね?
想像を絶するぞ!
我が魔力をこの弾丸に込めて銃で撃ち放つと
悪しき病巣のみ浄化出来、完全にマインドをリフレッシュさせることが出来るのだ!
安心したまえ!この銃は魔力が込められている魔導器である。
きみの頭に穴が開いて思考回路が飛んで行ってしまうことはない。
どっきゅーン!っと治療を受けてみたまえ!
この治療方法は保険適用外だが、今回は特別体験ということで治療費は要らないよ。
仕事中にポルノ動画を見てシコっている変態な社員なんか要るのかと不思議に思うが
そのようなオフィスラブ依存症の方でも治療が可能だ。
必ずオーガズムに達して逝くことが出来る!EDも治療できると断言しよう!
さぁさぁ!きみも我が魔力によってオーガズムに達して生まれ変わってみたまえ!


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。