世界初「ネットフリックス依存症患者」が確認される! 映像による快感と現実逃避で人生崩壊…患者増加の危機=印

世界初「ネットフリックス依存症患者」が確認される! 映像による快感と現実逃避で人生崩壊…患者増加の危機=印の画像1画像は「Tech Chahiye」より引用

 今年9月17日に発表されたエミー賞で23部門を受賞し、テレビネットワークでは最多の受賞数を記録した米・映像ストリーミング配信事業会社「ネットフリックス」。今年7月には会員数が1億3014万人に増加するなど、世界中がネットフリックス漬けになっているが、そうした中、遂に治療を要するネットフリックス中毒者が現れたというのだ!

 ネットフリックスユーザーの1日の平均視聴時間は約50分。しかし、インド紙「The Hindu」(10月8日付)によると、ネットフリックス中毒になった26歳のインド人男性Aは、1日7時間もネットフリックスを観続けていたという。

 そうした生活を半年以上も続けていたAは、そのことが原因で定職に就くこともできずにいた。そこで意を決して、インド・バンガロールの国立精神衛生・神経科学研究所に助けを求めてきたという。

 同研究所の心理学者Manoj Kumar Sharma医師によると、Aは家族から仕事を探すようプレッシャーをかけられており、それから逃れるためにネットフリックスを利用し、「強烈な快感」を得ていたとのことだ。

世界初「ネットフリックス依存症患者」が確認される! 映像による快感と現実逃避で人生崩壊…患者増加の危機=印の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 世界的に使用されている精神障害の診断マニュアル「DSM-5」には、ネットフリックス中毒の項目は存在しないが、テレビゲーム中毒は精神障害として掲載されている。今後患者数が増えていけば、正式にネットフリックス中毒が精神障害の1つとして認定される日が来るかもしれない。Sharma医師も次のように語っている。

「8歳から14歳の若い世代に見られる中毒はゲームに集中しています。ネットフリックスは大人が中毒になることが多いです。継続的なストレスを感じている人が、(配信映像)で感情的な満足感を得ているのです」(Sharma医師)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ