ヒトラーは「同性愛傾向でサドマゾ気質のバイ」CIA機密資料で新判明! ハッテン場常駐、部下と女装プレイ、姪とスカトロ…

ヒトラーは「同性愛傾向でサドマゾ気質のバイ」CIA機密資料で新判明! ハッテン場常駐、部下と女装プレイ、姪とスカトロ…の画像1画像は「Daily Mail」より引用


 独裁者アドルフ・ヒトラーの人生は謎に満ちている。現在のオーストリア・リンツに生まれ、画家を志して18歳でウィーン美術アカデミーを受験するも2度も失敗。その後、第一次世界大戦に駆り出された後、あれよあれよという間にドイツ労働者党(ナチ党)で権力を握っていった。人生の落伍者であったヒトラーがなぜドイツの全権力を掌握するに至ったかは歴史の大きなミステリーだ。


■ヒトラーはサドマド気質の同性愛者

 さて、そんなヒトラーの知られざる個人史が近年徐々に分かってきている。トカナでもヒトラーの変態的性癖身体的困難をご紹介してきたが、この度、さらに驚愕の下半身事情が明らかになったのだ。

 英紙「Daily Mail」(10月9日付)によると、第二次世界大戦中にアメリカの諜報機関である「戦略事務局」(Office of Strategic Services、CIAの前身)が収集した70ページにわたるヒトラーに関する情報のなかに、彼が「同性愛傾向にあり、サドマゾ気質」と書かれていたというのだ。

ヒトラーは「同性愛傾向でサドマゾ気質のバイ」CIA機密資料で新判明! ハッテン場常駐、部下と女装プレイ、姪とスカトロ…の画像2ヒトラー少年「The New Daily」より引用

 話の中心となるのは、ヒトラーのウィーン時代だ。青年ヒトラーはウィーンを訪問し、美術アカデミーを受験したが、2度も失敗。しかし、それでも彼は故郷には帰らず、浮浪者施設や独身者施設を転々とし、1908年~1913年まで結局5年にわたり同地に滞在した。

 後にウィーン時代のヒトラーと一時期同居していた親友のクビツェクが出版した回想録『アドルフ・ヒトラーの青春』は、青年ヒトラーを知るための貴重資料となっているが、2人の生活は1年と続かなかったため、同居解消後のヒトラーの動向、特に彼が独身者施設に滞在していた1910年~1913年の約3年間についてはよく分かっていない。一説によれば、あやしい男たちと手を組み、絵を売って糊口をしのいでいたというが……。

■独身者施設の裏の顔

 情報が少ないヒトラーの独身者施設時代だが、戦略事務局の資料は、同施設の裏の顔を突き止めていた。

ヒトラーは「同性愛傾向でサドマゾ気質のバイ」CIA機密資料で新判明! ハッテン場常駐、部下と女装プレイ、姪とスカトロ…の画像3独身者施設「Daily Mail」より引用

 独身者施設はその名の通り、身寄りのない独身男性のための共同生活施設だ。しかし、戦略事務局の調査によると、同施設は「年配の男たちが、同性愛的快楽のために若い男を探し求める場所」という評判が立っていたという。つまり、一種のハッテン場としての顔も持っていたということだ。

 青年ヒトラーがそうした男たちのはけ口となっていたかまでは分かっていない。だが、彼が同性愛的傾向を持っていたことは、ナチ党時代のヒトラーと親しかったエルンスト・ハンフシュテングルが大戦中に米政府に漏らしている。

 ハンフシュテングルによると、ヒトラーは1923年にミュンヘン一揆失敗に伴い、同じ刑務所に収容されて以来、後に総統代理となるルドルフ・ヘスに並々ならぬ感情を抱いていたという。そしてそのことを確信したのは、ヘスがナチス内の同性愛メンバーに「アンナお嬢さん」と呼ばれ、ヘス自身にも女装癖があると知った時だという。

ヒトラーは「同性愛傾向でサドマゾ気質のバイ」CIA機密資料で新判明! ハッテン場常駐、部下と女装プレイ、姪とスカトロ…の画像4アンナ嬢ことルドルフ・ヘス「Daily Mail」より引用

 話が前後するが、独身者施設時代以前、ヒトラーは浮浪者施設に滞在していた。そこでヒトラーは絵を売って金を稼ぎ、独身者施設に移ってからは月々の宿泊料を滞らず払い続けたとされている。しかし、美術アカデミーに合格さえできず、浮浪者施設に収容されていた人物が、突如として絵で生計を立てられるようになるものだろうか?

 一説には、若き日のヒトラーは年上の女性に好まれるほど美しい容姿をしていたとも言われている。これは憶測に過ぎないが、もしかしたら、ヒトラーはそんな美しい青年を求めて独身者施設にやって来る年配の男たちに体を売り、日銭を稼いでいたのかもしれない……。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

ヒトラーは「同性愛傾向でサドマゾ気質のバイ」CIA機密資料で新判明! ハッテン場常駐、部下と女装プレイ、姪とスカトロ…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル