「高次元のイルカのスピリット」が大量に地球に来ていることが判明! 衝撃の公開チャネリング…辛酸なめ子小説『ヌルラン』イベント

■イルカのスピリットからトカナ読者にメッセージ

GettyImages-529663148.jpg

 イルカのスピリット、ヌルランとイルカくんから今回、特別にトカナ読者にメッセージいただいたので紹介しよう。

・ヌルランからのメッセージ

 不思議なものを好きということは、まだ見ていないもの、知らないものに興味がある。トカナ読者の皆さんは、そういうドキドキする気持ちというのにとても惹かれる人たちだと思う。そういう人たちは結局自分の中のまだ見ぬ自分に会いたいということだよ。

・イルカくんからのメッセージ

 ヌルランも言っていたように、自分のなかの未知の領域、まだ知らない出会ったことのない自分に会うということにとても関心がある人たちだと思う。だから、今まで味わったことのない経験をしたり、食べたことのないものを食べたり、そして、今までこんなに好きになったことはないというぐらい人を愛したり、今まで自分が抱いたことのない気持ちをいっぱい抱くような体験をしたらいいと思うよ。
そうすることで、外側のUFOといった珍しいものへの興味から、もっともっと自分に興味が向いていくと思うよ。自分に興味が向いていった時に、どんどん自分の中の回路が開いていく。深い深いところにある大きな自分と繋がっていけば、そこには外にあるUFOや不思議な出来事よりも何百倍も楽しい世界が広がっているよ。

 イルカスピリットのメッセージによれば、どうやら、オカルトに惹かれるのは、自分の中にある未知の自分に惹かれているかららしい。ちなみに、イルカの世界ではすべてが共有されているので、秘密がないから秘密結社がないそうだ。あるがままなので、支配も陰謀もわからないという。

 会場は、なめ子さんのユニークな質問や、ドルフィニスト・綾子さんや篤さんのユーモアによって、始終笑いが絶えず、温かな雰囲気に満たされていた。競争や戦いばかりの地球がイルカたちのスピリットによって変化してきているようにも感じる。事実、今の社会に疑問を抱いてこれまでにない新たな生き方を選ぶ人々も増えている。なめ子さんはこれからもヌルランと交信を続けるというから、また新たなドラマが展開されるに違いない。なめ子さん、イルカのスピリット、そして、ドルフィニスト・綾子さんや篤さんの今後の活躍にも注目したいと思う。
(取材・文=白神じゅりこ)

●辛酸なめ子(しんさん・なめこ)
1974年東京都生まれ、埼玉県育ち、漫画家・コラムニスト。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。著書は「辛酸なめ子の現代社会学」(幻冬舎)など多数。小説では「男性不信」(太田出版)などが既刊。

●ドルフィニスト篤(あつ)・ドルフィニスト綾子(あやこ)            
Dolphinist Academey主宰。この18年間、綾子がチャネリングするイルカのスピリットとともに、一日中コミュニケーションをしながら受取った叡智をもとにハートが望むように自由に生きる。イルカのように生き、悟った人「dolphinist」を提唱。

●ヌルランツイッター @nururan 来年1月にロフトウエストにてイベントも開催予定、ツイッターもチェックしてね!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ