【緊急】「本物のヨーロッパ軍が必要」仏マクロン大統領が“第三次世界大戦”勃発をガチ確信か! 米中露との全面核戦争目前、本気やばい

【緊急】「本物のヨーロッパ軍が必要」仏マクロン大統領が第三次世界大戦勃発をガチ確信か!米中露との全面核戦争目前、本気やばい!の画像1画像は「The Guardian」より引用

 軍靴の音が徐々に近づいている。なんと、アメリカのドナルド・トランプ大統領、ロシアのウラジミール・プーチン大統領、中国の習近平国家主席に続き、フランスのエマニュエル・マクロン大統領までもが、戦争の勃発を警告したのだ!

 英紙「The Guardian」(11月6日付)によると、第1次世界大戦の休戦100周年ツアー中のマクロン大統領が、世界中で広がるナショナリズムとポピュリズムの脅威に立ち向かうため、「真のヨーロッパ軍が必要」だと訴え、「中国、ロシア、アメリカから身を守らなければならない」と、フランスの“脅威”となる国を名指しで牽制したという。

 マクロン大統領の危惧は、トランプ大統領がロシアとの「INF(中距離核戦力全廃条約)」から離脱すると表明したことに起因するようだ。離脱表明を受け、先月には、プーチン大統領も「戦争に向けた準備をする」と発言したのは既報の通りだ。

【緊急】「本物のヨーロッパ軍が必要」仏マクロン大統領が第三次世界大戦勃発をガチ確信か!米中露との全面核戦争目前、本気やばい!の画像2画像は「Getty」より引用

 米国がINFを離脱することで被害を受けるのは何も当事国だけではない。その脅威は米露に挟まれたヨーロッパにも飛び火するだろう。マクロン大統領はそのことを恐れているのだ。

「80年代にヨーロッパを襲った欧州ミサイル危機後に締結された重大な軍縮条約をトランプ大統領が破棄するのを見た時、いったい誰が主たる犠牲者になるのだろうか? ヨーロッパとその安全保障である」(マクロン大統領)