• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 事故や病気などで切断した手足を再生できるようになるかもしれない。新たな研究によって、カエルではあるが手足の再生に成功したというのである。英「Daily Star」が今月7日付で報じた。

1108limbs-3.jpg
画像は「Getty Images」より引用

■切断したカエルの足を再生

 バラバラに切断されても切片がそれぞれ個体として再生するプラナリアや尻尾が切れてもまた生えてくるトカゲなど、生物には驚くべき再生能力を持つ種が存在する。カエルもそんな種の一つであり、おたまじゃくしや小さなカエルの段階では失った四肢を再生することができるが、成体になるとその再生能力を失ってしまう。

 成体のアフリカツメガエルの四肢を切断すると、通常は棒のような軟骨組織にしかならない。だが、そんな常識を覆す新たな研究結果が発表された。米タフツ大学の生物学者セリア・エレーラ・リンコン氏らが今月6日付で専門誌「Cell Reports」に発表した論文によると、アフリカツメガエルの後ろ足を切断した直後、その場所に24時間バイオリアクターを装着するだけで、足の再生を一部ではあるが誘導できることが確認できたというのである。

1108limbs-1.jpg
アフリカツメガエル。画像は「Wikipedia」より引用

コメント

3:匿名2018年11月10日 08:34 | 返信

つか確か自分が最初に知ったのは何処かのテレビ局で放送してた「ベストハウス123」とかいう番組だったかな。
相当昔から人間指をマルッと一本再生させたマトリックスパウダーってどうなったん?
頓挫?副作用?ガセ?

2:匿名2018年11月10日 08:28 | 返信

ビフォーアフターがわけわからん画像しかないのはガセだな
カエルちゃんの全体のビフォーアフターと中間も見せてくれないと

1:匿名2018年11月 9日 12:16 | 返信

サムネイルは人間で、実はカエルのことですってか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。