• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント17
関連キーワード:

NASA

,

地球

,

小惑星

,

衝突

 この週末、3つの巨大な小惑星が地球に接近するとNASAが警告を発している。英「Daily Mail」をはじめ、多数メディアが取り上げる騒ぎとなっている。

1109asteroids-1.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

■地球に近づく3つの小惑星

 日本時間の今月10日から11日にかけ、直径13~28メートルほどの小惑星が3つ、相次いで地球に最接近すると予測されている。

 NASAによると、最初に近づくのは2018 VS1と名づけられた小惑星で、日本時間10日23:03(14:03 GMT)に地球から139万 km離れた場所を通り過ぎる。その16分後、次に地球に最接近するのは2018 VR1であり、最接近時は地球から500万kmまで近づく。最後に接近する2018 VX1は日本時間では11日午前3:21(18:21 GMT)に月よりも地球に近づき、地球からわずか38万kmの場所を過ぎ去っていく。

 いずれの小惑星も最接近時でも地球を遠く離れているようにみえるが、天文学的に考えると非常に近い距離であり、NASAが注意を払うのも当然である。一方で、NASAは地球への衝突の恐れはないとも発表しており、「太陽を周回中に地球の側を通るだけ」だと説明している。また、小さすぎるので地上からの観測は難しいとのことだ。

関連キーワード

NASA

コメント

17:匿名2018年11月12日 10:54 | 返信

ねえ外れたけどどんな気持ち?wwwwww
ねえねえどんな気持ち?wwwwww

16:匿名2018年11月11日 15:49 | 返信

また嘘松

15:匿名2018年11月11日 10:29 | 返信

トカナやトカナの占い師辣腕すぎるww

14:匿名2018年11月11日 10:20 | 返信

きゃーこわーい

13:匿名2018年11月11日 07:47 | 返信

またハズレたよ

12:匿名2018年11月10日 20:28 | 返信

NASA公式のサイトとTOCANAの記事では数字が違う。
なぜ?

11:匿名2018年11月10日 15:00 | 返信

>今回の3つの小惑星はNASAの言う通り、地球にとって危険ではない。

これが全てだろうが!
ほんと、ここは人を騙して記事を見させようとする悪徳業者だな。
馬鹿の一つ覚えみたいに、毎回毎回「ガチ」って。
言葉知らねーのかよ

10:匿名2018年11月10日 06:54 | 返信

ヤケクソだな 大草原

9:匿名2018年11月10日 05:15 | 返信

いつになったら当たるんだよw

たまには当ててくれよw

8:盆周り2018年11月10日 03:38 | 返信

隕石?
ということはドリフのあの名曲がその日には流れるということか!

7:ルンルン2018年11月10日 03:23 | 返信

NASAは、カバール 支配者側の機関です。本当に信用できないです。
これまでにも、散々隠蔽してきたのに、急に本物の情報を流すとは思えない。

6:匿名2018年11月 9日 21:07 | 返信

いつもくだらね!このままだと地玉直撃とかならわかるけど!!

5:匿名2018年11月 9日 20:59 | 返信

エイリアンによるもの?
まだ人類以外に知的生命体が存在すると思ってるのか?

4:匿名2018年11月 9日 20:15 | 返信

1,38万キロっておかしいぞ。
誤植?

3:匿名2018年11月 9日 19:25 | 返信

くだらな糞記事かくな

2:匿名あ太郎2018年11月 9日 19:16 | 返信

ヒーハー♪
ならぬ・・・

ヒーホー(悲報)ですねwww

1:匿名2018年11月 9日 18:12 | 返信

しっかり狙えやクソ隕石

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。