• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
遂にロシアが「原子力インターステラー宇宙船」の開発を発表、動画公開! 超イケてる外観… 原子力開発の舞台が完全に宇宙へ移行中!の画像1
画像は「Pravda Report」より引用

 宇宙開発を担当するロシアの国営企業「ロスコスモス」が、原子力宇宙船の開発を公表した。

「ケルディッシュ研究所では、よりパワーのあるエンジン、新しいクラスの原子力ユニットを搭載した宇宙船の開発に取り組んでいます。このエンジンは太陽光も太陽工発電も必要としません」(ロスコスモス社)

動画は「YouTube」より引用

 映画『2001年宇宙の旅』では、宇宙船「ディスカバリー1号」の推進力として原子力ロケットが使用されていたが、露オンラインニュース「Pravda Report」(11月13日付)によると、ロシアは惑星間飛行(interstellar flights)を実現するため、モスクワのケルディッシュ研究所や国営原子力企業「ロスアトム」において、宇宙船に搭載する本物の原子力エンジンの開発を進めているという。

 SF映画が現実になったような話だが、実は原子力宇宙船の開発はロシアでは真新しいことではない。ロシアの前進となるソビエト連邦は、1970年~1988年にかけて32機の熱電気原子力ユニットを搭載した宇宙船を打ち上げ、1960年~1980年にかけては原子ロケットエンジンの実験を繰り返していたという。

遂にロシアが「原子力インターステラー宇宙船」の開発を発表、動画公開! 超イケてる外観… 原子力開発の舞台が完全に宇宙へ移行中!の画像2
画像は「getty」より引用

コメント

2:匿名2018年11月23日 17:57 | 返信

太陽工発電→✕ 太陽光発電→○
ロシアの前進→✕ ロシアの前身→○
なんじゃね?

1:匿名2018年11月20日 20:30 | 返信

火星移住のために原子力ロケットエンジン?
笑わせるな。
もうちょっと勉強してから記事を書いた方がいいよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。