近づくと死ぬ「北センチネル島」と未知の部族を徹底解説! 米国人殺害は予想できた… 過去に何度も襲撃事例!=インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント16

 インド東部アンダマン・ニコバル諸島の北センチネル島に上陸し、現地住民に接触しようとした米国人男性(27)が殺害された。弓矢で射られたとの情報もある。各国の報道(21日付)によると、この男性は近隣の漁師の力を借りて、16日に北センチネル島に接近し、カヌーで上陸したが、その後消息が途絶えていたという。男性は過去5回、アンダマン・ニコバル諸島を訪れており、キリスト教を布教するためにセンチネル族との交流を望んでいた。

近づくと死ぬ「北センチネル島」と未知の部族を徹底解説! 米国人殺害は予想できた… 過去に何度も襲撃事例!=インドの画像1
画像は、「BUSINESS INSIDER」より引用

 実は、このような事態は以前から懸念されていたことである。北センチネル島に暮らすセンチネル族は、過去に文明に接触したことがない部族であり、人口や文化など今なお謎に包まれた存在だ。とはいえ、彼らが極めて“好戦的”な存在であることだけは判明しており、かつて島に近づいた取材班や漁師が無残に殺されたり、ヘリコプターやドローンさえも弓矢や投石で撃退されるケースが相次いでいたのだ。このような状況に日本でいち早く注目し、他メディアに先駆けて何度も「近づくな」と警告してきたトカナにとって、今回の事件は残念でならない。ここで再び注意喚起する意味も込めて、センチネル族について解説した過去の記事を再掲しよう。たとえ「交流したい」という平和的意図であっても、そのような想いが簡単に跳ね除けられてしまう“近づくことが許されない場所”は、今も地球上に存在するのだ。
(編集部)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景」世界各地の秘境と呼ばれる場所に注目が集まる昨今、「世界最後の秘境」と呼ぶに相応しい伝説の孤島が今世界中から注目を集めている。そこへ近づいたら最後、多くの訪問者は重傷を負い、最悪死亡するケースもあるという。

近づくと死ぬ「北センチネル島」と未知の部族を徹底解説! 米国人殺害は予想できた… 過去に何度も襲撃事例!=インドの画像2
ベンガル湾に浮かぶ小さな孤島「北センチネル島」 画像は「YouTube」より

 その孤島は、東にマレー半島、西にはインド亜大陸に挟まれたベンガル湾に浮かぶ、インド領アンダマン・ニコバル諸島に属する小さな孤島、「北センチネル島(North Sentinel Island)」だ。上空から見れば、手つかずのジャングルと透明度の高い海、真っ白な砂浜が広がり、その美しい絶景はまるでディカプリオ主演映画『ザ・ビーチ』の世界観を彷彿させる。

 しかし、どんな理由であろうとも私たちはここに近づくことは許されない。というのも、その島の先住民センチネル族は、その長い歴史の中、島外の世界との接触を一切拒否しており、近づく者は誰であれ襲撃するといわれているからだ。

 近代的兵器を装備するインド海軍に対しても矢の雨を浴びせるなどして接触を断固拒否。インド政府も干渉することをあきらめ、現在は実質的にセンチネル族の主権が認められている。

 高度文明社会を否定しつづける誇り高き先住民たちが生きる伝説のこの孤島、北センチネル島をご紹介したい。


■誇り高きセンチネル族

 センチネル族の詳細について確かな情報はほとんどなく、言語や生活習慣もわかっていない。彼らは生い茂るジャングルの中で生活しており、現代の衛星技術をもってしても彼らの住環境の手掛かりは未だつかめていない。食に関しては、狩猟、漁労、採集といった原始的な方法がとられているようで野菜などを栽培している形跡は見当たらない。

近づくと死ぬ「北センチネル島」と未知の部族を徹底解説! 米国人殺害は予想できた… 過去に何度も襲撃事例!=インドの画像3
画像は「YouTube」より

 北センチネル島は2004年に起きたスマトラ島沖地震の際、地形が変形するなど大きな影響を受けている。地震発生後インド政府は救援物資を積んだ偵察機で島へ近づいたが、彼らは火矢や投石で攻撃し、偵察機を追い払ってしまった。そのため、地震が島にどのような影響を与えたのか、また何人死亡したのかについても不明である。もとから島民の人口についても数十人から400人程度とばらつきのあるデータしか残っていなかったのだが……。

コメント

16:匿名2018年11月28日 01:40 | 返信

改宗させる為に上陸って侵略しに行ったんだよね。怖いなぁ。
相手の部族が絶滅してもいいから自分のやりたいことを優先したんだよね。
相手の部族は正当防衛でしかない。
免疫の問題だってあるし接触どころか島に近付くことも禁止されてて、そこにはちゃんとした理由もあるのに。
特に宗教に興味がなくて葬儀とか法要くらいしか縁のない自分だって、改宗しろってこられたら凄い嫌だし怖いわ。
だいたいこういう島の部族って信仰してる神様いそうだから、迷惑極まりないよね。
なんて傲慢なんだろう。キリスト教の在りかたって、キリストが嘆きそうなくらい教えたかったことと異なってそうなイメージ。
救いが必要で宗教で安定する人たちが信仰するなら良いと思うけど、押しつけや侵略行為は勘弁してほしい。
亡くなった冒険家兼宣教師の方には全く同情できないわ、悪いけど。

15:匿名2018年11月26日 17:24 | 返信

>>10

宣教師が成仏かあ…
君はフランスに渡米でもしたら?

14:匿名2018年11月24日 12:01 | 返信

地球より進んだ異星文明との接触を云々、というトカナによくあるパターンの記事を暗に批判している記事に見えるのは私だけかな?

13:匿名2018年11月24日 00:57 | 返信

キリスト教の布教とか。バカの極みだわ
キリスト教がなかったら世界はもう少し平和だと思うのよ

12:匿名2018年11月23日 02:28 | 返信

外野が疫病の心配やら種の保存やら、ほんと余計なお世話だわ。

11:匿名2018年11月23日 00:59 | 返信

武力行使?ある訳ないじゃん。
インド政府が保護政策してて島から決められた距離の範囲内に入る事が違法になってるくらいなんだから。
大体漂着したっても密猟者が昼寝しててうっかり流されちゃいました、とかいう正当防衛のセの字も言えないようなお粗末な状況だし。
こんなんで石器時代の自衛手段しか持たない少数民族に近代兵器による武力行使なんかすればインドが国際的非難を浴びるのは明らかでしょ。

10:匿名2018年11月23日 00:29 | 返信

言葉が誰もわからない上に、見知らぬ奴はすべて敵と最初っから戦闘状態。もはや餓えた猛獣のような彼らに接触しようとした人間が悪い。彼らからこっちに来ることはない分、獣よりマシな筈なんだが。

イスラムにいって取っ捕まえられるジャーナリストよりバカ。まったくのリターンも可能性も、大義名分もなく、誰も特しないことで、一時の浮かれた好奇心で死んだ奴なんかに誰も涙も流せない。

遺体すら回収されず成仏もできない。こいつの人生の意義は人柱の一点しかないが、親不孝の相殺にすら叶わない。

9:面白警官はよ逮捕w2018年11月22日 20:28 | 返信

近代文明に接触したことのまったくない部族に攻撃されたとしてもこの場合どちらにも罪はなかろう。
しかし、だ。近代的な文明の知識もあり、近代的な重火器も持った人間がだ、何の罪もない一般人に手ぇー出したとしたらそれは大問題だ!

8:匿名とみ新蔵2018年11月22日 20:01 | 返信

お金も無く大自然の中で、皆で分かち合って暮らしているセンチネル族への、我々文明人の接触は迷惑そのものだ。何派のキリスト教かは知らないが一神教の布教などはもってのホカだ!
センチネル島へは誰も行ってはならないし、入ってはならないものだ!
彼らは我々の大昔の祖先のように、平和に暮らしているのだから。

7:匿名2018年11月22日 19:11 | 返信

まぁ交流を求めてたとかは仕方ないが、難破して流れ着いても殺されるとは。
そういう場合は正当防衛である程度の武力行使もOKじゃね。

6:さゆさんを殴った刑事はまだ逮捕されていない2018年11月22日 18:47 | 返信

危ねーw

5:匿名2018年11月22日 16:05 | 返信

本当に危ない島です。

4:匿名2018年11月22日 15:50 | 返信

本当に無法地帯の島です。

3:匿名2018年11月22日 15:47 | 返信

小型のドローンなら気付かれんと撮影出来そう。

2:匿名2018年11月22日 15:46 | 返信

無法地帯

1:匿名2018年11月22日 15:37 | 返信

北センチネル島に行ってみた (YouTuber)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。