「太陽を薄暗くして地球温暖化を防ぐ」ハーバード大がガチ提唱! リスクが超ヤバい“次世代ケムトレイル計画”が進行中!

 地球の大気にエアロゾルを噴霧し、太陽の光や熱を遮る人工的なシールドを作り上げ、地球温暖化を食い止める――。こんなアイデアが真剣に検討され始めている。最近も米イェール大学とハーバード大学の研究者がこの手法の可能性とコストを検証する論文を発表して話題となった。英「Daily Mail」(今月23日付)などが報じた。

「太陽を薄暗くして地球温暖化を防ぐ」ハーバード大がガチ提唱! リスクが超ヤバい次世代ケムトレイル計画が進行中!の画像1画像は「Getty Images」より引用

■エアロゾルで気候変動を食い止める

 成層圏に硫酸塩のエアロゾル(空気中に浮遊する微小な粒子)を何百万トンと噴霧し、太陽からくる熱や光を反射させて地球温暖化を防ぐ。これは成層圏エアロゾル噴射(SAI)と呼ばれ、荒唐無稽とされてきたアイデアなのだが、最近では気候変動対策の切り札として真剣に検討が始まっている。

 今月23日、米イェール大学とハーバード大学の研究者らによるSAIに関する新たなレポートが、専門誌「Environmental Reserch Letters」に掲載された。レポートではSAIを実現するのに必要なコストはどれくらいかを検討し、その可能性を考察している。結論から述べると、「世界にはこのようなプログラムを立ち上げるための専門知識や資金の両方があるだろう」という。

 試算によると、プログラムはエンジニアリングの観点からは十分に実現可能で、必要な機材や航空機の準備におよそ15年程度必要だという。今年2018年にプログラムを立ち上げるとすると、必要な予算は35億米ドル(およそ3900億円)、さらに毎年22億2500万米ドル(およそ2530億円)のランニングコストがかかるそうだ。

「太陽を薄暗くして地球温暖化を防ぐ」ハーバード大がガチ提唱! リスクが超ヤバい“次世代ケムトレイル計画”が進行中!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで