• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

――DV・自殺・暴力団・宗教・統合失調症…事故物件よりも鬱になる「暗黒物件」の闇を“不動産執行人”ニポポが語り尽くす…!

画像は「Getty Images」より引用

 債務者との連絡が全く取れないということで、強制的な鍵開けによる不動産執行

 珍しい作りの家で、玄関扉にたどり着くまでには数段しかないものの、傾斜がきついうえに手すりもない不安定な階段があり、基礎部分は90センチほど高めにとられている。

 このように基礎部分を高めにとるという施工は浸水の被害を最小限に食い止めたいという狙いで行われることが多く、当該物件付近にも用水路と調整池が確認できた。

 この基礎部分の高さが災いし、窓からの解錠が難しそうとの理由から、今回は玄関ピッキングによる鍵開けが行われることに。

 鍵の状況を確かめるために鍵師さんがドアノブに手をかけると……、そのまま扉が開く。無施錠という物件も少なくないのだ

 次の瞬間には嗅ぎ慣れたペット虐待・ペットネグレクトを連想させる強烈な動物臭が、90センチ下にいる我々のもとにまで到達した。

画像は「Getty Images」より引用

「今日はこういう日なんでしょうかね……」

 執行官の苦笑いは、2件連続して行われたこの日の差し押さえ・不動産執行の物件双方から、ペット虐待・ペットネグレクト疑いの臭気が確認されたためのもの。

 改めて不安定な階段を登り玄関へ。

 1件目の執行後に捨てようと厚手のゴミ袋に包んでいたスリッパをもう一度取り出し、室内へと入る。踏み出した一歩目から埃が舞う点を見る限り、長らく無人の状態となっているようだ。

 玄関を上がると目の前には階段があり、すぐ左手にはトイレや風呂場といった水回り。その奥にリビング・ダイニング・キッチンがあった。1階部分は債務者の居住スペースとされていたのか、ペットの体毛や糞尿はそこまで散乱していない。

 玄関へと戻り、階段を見上げる。上部ほどペットの体毛が積もっている点からも、臭気の具合からも2階がペットの軟禁スペースになっている可能性が高い。

コメント

2:匿名2018年12月 5日 07:18 | 返信

それって洗浄しても少し経つと、また悪臭がでるケース。もう二度と誰も住まない物件である事は間違い無いね。使えるとしたら番組製作会社が借りるとかかなぁ。資材置き場にしたらいいかもww

1:A2052018年12月 3日 00:57 | 返信

ペット臭は人間の死体臭気と似てて、木や壁に必ず染み込む。そういった動物の死体を溶かした家畜の強烈し尿のような臭いがするものを水周りで流すなど、強烈な液体など、そういった繰り返してきた悪事で刺激臭も消えず毎日流している物件の債務者 階段付近や玄関付近も臭い。んでその債務者が風呂を炊くとウンコ臭い
全部の水周り、水道を使うとウンコ臭い 腐臭が家の中の構造にも染み付いてる。管理会社は言う、中のそういった臭気が出ると次の人に貸せない。と。

モンスターな住人はもっといるだろうが上の記事は現在、自分の家の付近にいる世帯住人の家の人にすごく似ていて鳥肌が立った。トカナは鋭いから、びっくりするがこの記事の物件があるのは事実。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。