実在する「NYの地下秘密クラブ」での“悪夢のような体験”を映画化! 欲望、狂気、美女移民…『モースト・ビューティフル・アイランド』監督が激白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
mostbeautiful.jpg

 不法移民の女性が経験する悪夢の一夜とニューヨークアンダーグランドの世界を描いた映画『モースト・ビューティフル・アイランド』が、2019年1月12日から公開される。スペイン出身の女優アナ・アセンシオが自身の経験をもとに製作した初監督作品であり、さらに脚本・主演もつとめている。同作品は、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭2017で最高位の審査員大賞を受賞ロッテントマトで94%の高評価を得ており、世界50以上の映画祭で上映され大絶賛されている超話題作なのだ。

■ストーリー
ニューヨーク・マンハッタンのボロアパートで暮らす移民女性ルシアナ(アナ・アセンシオ)は、ベビーシッティングや客引きで日銭を稼ぐ毎日。極貧生活に疲れ切っていたある日、彼女は友人のロシア人女性から、セクシーなドレスを着て秘密のパーティーに参加するだけのおいしい高額バイトを紹介してもらう。指定された怪しげな地下室に行くと、そこにはルシアナのような外国人の美女が何人も集められていた。威圧感のあるマダムによって1人また1人と奥の部屋に呼び込まれていく。これから何が起こるのかわからず不安と恐怖にかられるルシアナ。しかし、社会的に存在が認められていない不法移民の彼女を助ける者などいない。そんな中、ついにルシアナに声がかかるのだった……。

 11月、本作のキャンペーンのためアセンシオ監督が初来日。TOCANAでは、緊急インタビューを敢行。アセンシオ監督に作品に関してやオカルトな質問をズバリ直撃した。


■ニューヨークのアンダーグラウンドな世界の恐怖

review_main1214.jpg
モーストビューティフルアイランド

 憧れの大都会ニューヨークに幸せを夢見てニューヨークへやってくる移民女性たち。しかし、彼女たちを待っていたのは貧困にあえぐ厳しい生活である。
大都会の秘密クラブで行われるセレブによる地下パーティー。そこで繰り広げられるおぞましき人間の欲望や狂気。そして、享楽の餌食となる移民女性の不安や恐怖がドキュメンタリータッチで容赦なくあぶり出される。アセンシオ監督自身の体験に紐付いた生々しいドラマだからこそ、重々しいリアリティがあり、狂気の世界にどんどん引き込まれていく。

tocanmostIMGP4774.jpg
アナ・アセンシオ監督

――それにしても、監督は非常にお美しいですね。作品の中でもすばらしい肉体を惜しげもなく披露されていましたが、美の秘訣を教えていただけますか?

アセンシオ監督 ありがとうございます。美しさの秘訣は私が教えてもらいたいぐらいです(笑)。私は今、40歳なのですが、25歳の時よりも今のほうが肌がいいと感じています。それは、25歳の頃は、自分の外見に自信がなかったし、ひと目を気にしてばかりで承認欲求も強かったと感じます。今は、昔よりも人から認められたいという承認願望みたいなものが薄れてきましたね。でも、それが内なる自信となって、もしかしたら肌にあらわれているのかもしれませんね。

――この作品は、アセンシオ監督の実体験を元にしたそうですが、何歳のころの体験でしたか?

アセンシオ監督 私はニューヨークに2001年に来ました。当時は学生ビザが切れて労働ビザに切り替える時期で、23歳ぐらいでした。この作品は、その時に身に起きた出来事などに着想を得て作りました。

1214director_main.jpg

――作品の中に出てくる「秘密クラブ」の怖さについて教えて欲しいのですが、殺された死体はどこにいきますか?

アセンシオ監督 死体はハドソン川に捨てられます。実際にニューヨークの警察に聞取り調査をしたんですが、ハドソン川にはわかっている以上の死体が捨てられているのではないかと聞いています。だからそ、あのあたりには悪いエネルギーのようなものが流れているのではないかと私は感じているのです。実際に、秘密クラブなどアンダーグラウンドなグループの地下室の多くは、ハドソン川の近くにあるんです。


――映画で描かれていること以外で秘密クラブで行われていることを知りたいです。映画『アイズ・ワイド・シャット』では乱交が描かれていましたが…。

アセンシオ監督 『アイズ・ワイド・シャット』は私も大好きな映画のひとつです。秘密クラブで実際に行われていたことについてですが、私が警察から聞き取り調査で得た情報ですと、やはりセックス系のイベントが多かったですね。たとえば、動物とのセックスとか。あとは、死ぬまで戦うゲームが繰り広げられたりしているそうです。

コメント

2:超絶虚無主義2018年12月16日 18:47 | 返信

こんにち、人類は極限まで腐り放題。
聞くところによると、人類はすでに5、6回滅んでいるというではないか(DNAに証拠が残っているそうな)。
そのつど、また数人ほど生かしておいてまた繁栄されたり(ノアの箱船的な)、あるいはあまりに問題ばかり起こすようなら『遺伝子組み換え』して弱らせているというではないか。
こんな話、よほどの陰謀オタクかオカルトオタクしかしらない。そもそも確かめようもない。私とてこんなオカルトな話、話半分にしか聞いていない。
しかし、私の直感が囁くのだ。これらはすべて真実だと、、、、
と、するなら今度は7度目の、、、、?
映画マトリックスにも非常に似たような描写があったよね。
ネオの前にも『前任者』がいたと。
もしかすると神も仏ももともとおらず、我々を創った存在がいるのみ。
そしてそれは我々の考えるような『神』ではないということも。
いまさら、宗教やスピにハマる者がいるならはそれはただのお笑いよ!

1:匿名2018年12月16日 17:30 | 返信

ネットで嫌韓反中やったり、変態エロゲーで欲求満たす土人どもはまだかわいい方か。でも入管法も変わってそのうち出稼ぎ外人労働者の子供、少女の売買も海外で買ったりする手間が省けてジャパニーズ変態紳士が歓びそうだ。従軍慰安婦の歴史がある国だからな 笑

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。