【衝撃】毎晩ぴったり8本の吸殻を20年食べ続ける女(42)が謎すぎる! 「カリカリした食感が最高」奇病の原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

タバコ

,

チョーク

,

吸殻

,

摂食障害

,

異食症

画像は「Daily Mail」より引用

 ベビーパウダー、髪の毛、遺灰……世界にはさまざまな異食症を患った人々がいる。今回ご紹介する英・サウスヨークシャーに住む2児の母カレン・カヘーニさん(42)もその1人だ。

 英紙「Daily Mail」(12月13日付)によると、カレンさんは12歳の頃に髄膜炎で失明……それが理由というわけでもないそうだが、ある時からタバコの吸殻を食べずにはいられなくなってしまったという。その量は1日に8本。

 カレンさんは日に60~80本ほどのタバコ(銘柄はJPS Blue)を吸うヘビースモーカーでもあるというが、タバコの吸殻まで食べる喫煙者は世界中どこを探してもいないだろう。

 カレンさんによると最初に異物を食べることへの欲求を感じたのは1997年のこと。2人目の子どもの妊娠と夫の失職が重なった時期に、名状しがたい欲求がカレンさんを襲い、気付くとチョークを口にしていたそうだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年12月20日 18:09 | 返信

その髄膜炎ってアメーバ式の細菌じゃなかった?それなら大体の事は想像がつく。片目欠損てこうゆう場合は障害者手帳がいる。異常偏食はその髄膜炎の後遺症ってとこかも。元々偏食異常で細菌を食ったからっていう疑いも否定はできないw

あと目の筋力に関わるもので寄り目とかあるけど、斜眼など日本は歩けない 歩きにくい人間でさえ障害者認定はしてくれない。医療先進国が発達した国に移住すれば障害者認定を得られるわけであって日本は甘く無い国だな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。