余命9カ月少女の脳腫瘍が突然消失…説明不可能な事態に医師唖然「信じられない!」 祈っただけで…証拠画像アリ!

余命9カ月少女の脳腫瘍が突然消失…説明不可能な事態に医師唖然「信じられない!」 祈っただけで…証拠画像アリ!の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 手術不可能と診断された“悪性脳腫瘍”が突然消失。医師も説明できない奇跡が少女に起こった。

 英紙「Daily Mail」(12月18日付)によると、米テキサス州に住む11歳の少女ロクスリ・ドスちゃんは今年6月、継続的な頭痛と倦怠感を両親に訴えたという。地元の小児科医に診せても原因が特定できず、テキサス州オースティンにある最高レベルの外傷センターであるデル小児科病因に送られた。そこで彼女は小児脳幹グリオーマという手術不可能ながん性の脳腫瘍だと診断されたのだ。

 ロクスリちゃんの両親はテキサス州小児病院、ダナ・ファーバー癌研究所、ジョンズ・ホプキンズ病院子どもセンター、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターなど一流の医療機関でセカンドオピニオンを求めたが、どの医師も最初の診断に同意したという。

 小児脳幹グリオーマは5歳~9歳での発症が多く見られる侵攻性のがんであり、脳橋と呼ばれる呼吸、睡眠、血圧など身体の重要な活動を司っている部分を圧迫する。脳幹とあるように、脳の基底部や脊椎の上部に発症する病で、その原因は今も分かっていない。初期症状は、眼球の動きの異常、顔面麻痺、歩行困難として表れる。アメリカでは年間200~300人の子どもが罹患しているというが、ほとんどが診断後9カ月で亡くなるそうだ。

「これは致死的な病気です。飲み込む力が衰え、時には視力の喪失も伴います。喋ることもできなくなり、最終的に呼吸も難しくなっていきます」

余命9カ月少女の脳腫瘍が突然消失…説明不可能な事態に医師唖然「信じられない!」 祈っただけで…証拠画像アリ!の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 そう語るのは、ロクスリちゃんを診断した医師ヴァージニア・ハロード氏だ。外科的な手術が不可能な腫瘍のため、ハロード氏は3カ月の放射線治療を試みた。しかし、回復の兆しは見られなかったという。ロクスリちゃんの両親は娘のために祈ることしかできなかった。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

余命9カ月少女の脳腫瘍が突然消失…説明不可能な事態に医師唖然「信じられない!」 祈っただけで…証拠画像アリ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル