ヒトと動物を組み合わせた実在するハイブリッド5選! ニワトリ人間、人工肛門マウス、人乳ヤギ…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 近年の科学の急速な発展により、人間と動物の細胞や組織を融合させる試みが世界中で行われている。フィクションの世界のように巨大で醜悪なモンスターが生まれるようなことは(幸いにも)まだ起こっていないが、それでも我々の心を揺さぶるような研究が実際に行われているのは確かだ。我々の常識や倫理観を試すようなハイブリッド研究を5つご紹介しよう。

1227hybrid-1.jpg
画像は「Alien UFO Sightings」より引用

■ウサギの卵子と融合

 2003年、中国の科学者らはウサギの卵子と人間の皮膚細胞を融合させたハイブリッド胚を作成した。この胚は人間のDNAとウサギのミトコンドリアDNAを持ち、100個以上の胚が培養皿の上で数日間発達したが、最終的には破壊されて胚性幹細胞を作るのに使われたという。

■人間の肛門括約筋をマウスに

 2011年に米国で、肛門括約筋を人工的に作ってマウスに移植するという研究が発表されている。この人工肛門括約筋は人間の筋細胞とマウスの神経細胞を混ぜ、円形状に成形したものだ。論文によれば、移植した人工肛門括約筋にはマウスの血液が流れて定着し、機能を果たしたとのことだ。研究者らはいつか人間の治療に応用したいと考えている。

1227hybrid-2.jpg
画像は「USA Today*」より引用

関連キーワード

コメント

2:匿名2019年1月 6日 02:21 | 返信

陸上生物とかどうでもいいから鳥とか魚とかとのハイブリッド作ってくれや。

1:匿名2019年1月 4日 12:14 | 返信

問題なのは何故この人たちは『こうした研究をしているのか』ってことだよね。
医療がどうとか食料がどうとかなんてすべて『表向き』の理由だよね~wwww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。