お茶の水女子大「LGBT支援」は超先進的でカッコイイ!! だからこそ罠が...元女子大教授が指摘!【三浦俊彦の超スカトロジスト時評】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

ハイパースカトロジスト(超糞便学者)としても知られる稀代の哲学者・三浦俊彦(東京大学教授)が、世の中の“ウンコな正論”を哲学的直観で分析する【超スカトロジスト時評】――

お茶の水女子大「LGBT支援」は超先進的でカッコイイ!! だからこそ罠が...元女子大教授が指摘!【三浦俊彦の超スカトロジスト時評】の画像1
画像は「ANNnewsCH」より引用

 2020年度からトランスジェンダー女性を受け入れる。お茶の水女子大学が記者会見でそう発表したのは2018年7月10日でした。出願資格を「戸籍が女子」から「戸籍または性自認が女子」へ広げたわけですね。

 これは事件です。2014年以来、アメリカの女子大が先例を作っているとはいえ、ずっと見よう見まねでいけるはずもありませんから。

 世間の反応はだいたい好意的でした。むろん低俗な冷やかしもありましたが。百田尚樹のこんなツイートとか。

よーし、今から受験勉強に挑戦して、2020年にお茶の水女子大学に入学を目指すぞ!

お茶の水女子大「LGBT支援」は超先進的でカッコイイ!! だからこそ罠が...元女子大教授が指摘!【三浦俊彦の超スカトロジスト時評】の画像2
三浦俊彦教授(撮影=編集部)

 それにしても「百田のカミングアウト」を誰ひとり応援しようとしなかったのはなぜでしょう。当り前だろ、あんなオッサンの性自認が女なんてウソだ――てわけですよね。思えば露骨な外見差別ですが、せっかくだからあのツイート、生産的な提言として捉えてみませんか。「俺みたいなやつが出願してきたらどうするの?」という問題提起なのだと。

 ではやってみましょう、思考実験。

A……外見と言動が〈百田尚樹〉な18歳♂
B……外見と言動が〈佐藤かよ〉な18歳♂

 この二人、書類審査と学力試験は同点でクリアし、面接に進みました。AとB、同等の評価を受けるでしょうか?

コメント

2:匿名2019年1月 6日 10:13 | 返信


こういう茶化すバカが、この問題をより複雑にするんだよ。

1:匿名2019年1月 5日 15:05 | 返信

おっさん達がんばれよ!!
立ち上がれおっさん!
女子大に堂々と通える日が来るぞ!
禁断の花園へ!!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。