世界初「頭部移植手術」の希望者がまさかのドタキャン! 怖気づいたのではなく… リア充すぎる中止理由に衝撃!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 以前トカナでもお伝えしたが、イタリア人の天才神経外科医セルジオ・カナベーロ博士を覚えているだろうか。2015年に人間の頭部を別の人間の胴体にすげ替える世界初の頭部移植手術プロジェクトを立ち上げた、通称「ドクター・フランケンシュタイン」その人だ。

 2017年には遺体間での頭部移植を成功させたものの、その後に予定されていた生きている人間同士の手術は、どうやらドナーのドタキャンにより中止となってしまったようだ。

becalledoff1.JPG
一度は頭部移植を希望したヴァレリー・スピリドノフさん 「The Sun」の記事より


■恋に落ちて頭部移植手術をキャンセル

 今回紹介するのは、この世紀の大手術にドナーとして名乗りを上げたにもかかわらず、すんでのところで思いとどまった男のことだ。

 ロシア人コンピュータ・スペシャリストのヴァレリー・スピリドノフさん(33歳)は、脊髄性筋萎縮症の中でも、特に困難とされるウェルドニッヒ・ホフマン病を患っている。幼少の頃から車椅子生活を余儀なくされてきた彼は、これまでに何度も「自分には、何も失うものはないから」と、手術への決意をメディアに語ってきた。

becalledoff3.JPG
The Sun」の記事より

 つまり、この狂気の沙汰ともいえる実験的手術で、たとえ命がなくなったとしても覚悟はできているというのだ。悲しくもあり、不謹慎に聞こえる言い方になってしまうが、彼のような身の上だからこそ、ドナーに選ばれたのかもしれない。

 だが、思わぬ誤算が生じた。しかもセレンディピティが! 死をも恐れぬヴァレリーさんが、恋に落ちてしまったのだ。

 お相手は、同じ市内に住むアナスタシア・パンフィロアさん。応用化学とコンピュータ分野で数々の学位を持つ、才色兼備のアラサー女性だ。2人はたびたび仕事で顔を合わせるうちに、気がつけば「これほどまでに心を通わせることができる人はいない」と、意識するようになったという。

becalledoff2.JPG
 「The Sun」の記事より

 そして、二度と目を覚まさないかもしれない手術台の上に横たわろうとしていたヴァレリーさんは、猛スピードで展開していく手術までのカウントダウンに急ブレーキを踏むことになった。

コメント

6:匿名2019年1月15日 19:21 | 返信

どうせ失敗する手術だったろうし、やらなくて正解

5:匿名2019年1月15日 01:21 | 返信

勿体無かったな
ハイ次のドナー探して!

4:匿名2019年1月14日 23:41 | 返信

リア充おめでとうございます!
手術を用意していた方々には残念な結果かもしれませんが、手術の意向がヴァレリーさんに恋する勇気を与えたと思って下さると嬉しいです。
これからはずっと幸せでいてください。

3:匿名2019年1月14日 22:00 | 返信

狂気から驚喜へ

2:匿名2019年1月14日 21:08 | 返信

そんな危険な手術は断るのは正解だったと思う。
ご両親も喜んだと思う。

1:トランプ大統領2019年1月14日 20:34 | 返信

愛が一人の男性の無謀な挑戦にブレーキをかけ新しい命をもたらした。
このハッピーエンドが末永く続くといいですね、お幸せに。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。