「第7の感覚」の存在が科学的に新判明! 脳、免疫系、リンパの「未知なる力」が記憶力や若返りに影響か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
「第7の感覚」の存在が科学的に新判明! 脳、免疫系、リンパの「未知なる力」が記憶力や若返りに影響かの画像1
キプニス博士「WVTF」より引用

 視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚、運動感覚に続く第7の感覚が存在することが明らかになった。

 第7感と言ってもいわゆる超能力や直感のことではない。それは免疫系と脳に関するものだ。これまで医学界では免疫系と脳はそれぞれ独立して機能していると考えられてきたが、米バージニア大学神経学科長のジョナサン・キプニス博士らの研究で、免疫系と脳は感覚的ともいえる深い相互関係にあることが分かったのだ。

 米ラジオ局「WVTF」(2018年8月27日付)によると、キプニス博士らの研究により、不健康な免疫系を持つマウスは学習に難があることが判明したという。たとえば、特定の種類の免疫細胞を取り除かれたマウスは迷路のタスクを学ぶことができなかったそうだ。

「第7の感覚」の存在が科学的に新判明! 脳、免疫系、リンパの「未知なる力」が記憶力や若返りに影響かの画像2
画像は「Getty Images」より引用

 また、猫の尿の臭いを一週間嗅がされた健康な免疫系を持つマウスは10~15%がPTSDの兆候を示した一方、不健康な免疫系を持つマウスは70~80%もPTSDを発症。この結果から、免疫系が脳の機能に対して多大なる影響を及ぼしていることが分かった。

コメント

1:北チョンが離れ小島に上陸中/荒し注意2019年1月 8日 15:33 | 返信

上階に糖尿病のやつが住んでいて、その窓から落ちる臭いが唐の入った尿の臭いがする、ノロっておいたけどねww

チョンは何するかわからないよねー

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。