【未解決事件】世界で最も恐ろしい「家宅侵入殺人事件」10選! 一家惨殺、放火、強姦…自宅も安息の地ではない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■パウロ一家の虐殺(カナダ)

homeinvasions3.JPGListverse」の記事より

 パウロ一家は、ブリティッシュコロンビア州のサウスバンクーバーの郊外に住んでいた。1958年6月10日の夜に、誰かが彼らの家に侵入した。その侵入者によってデビッド・パウロは地下室で殴打されたのち撃たれ、彼の11歳の娘ドロシーはベッドで殴り殺された。それから侵入者はデイビッドの妻、ヘレンが仕事から帰宅するのを深夜まで待ち、顔を撃った後に身体中を殴りつけていた。

 家族3人が殺されるという事件は、バンクーバーでは初めてであったが、この事件は未解決のままである。犯人の物と思われる血の手形がドロシーの寝室の壁に見つかったが、それは犯人逮捕に結び付かなかった。

 また、パウロ家の友人や家族ら関係者にも、ヘレンが家に帰ってくるのを待ち、家族全員を皆殺しにするような人物は見つからなかった。殺人者がヘレンの帰宅を待って殺したことから、動機は強盗ではないと見られ、またどの遺体にも性的暴行の痕跡もなく、動機は不明であった。

 警察が注目する事実として、同じ地域で3カ月前、イベリン・ロッシュという女性が殺害されており、その殺人も犯人が特定されていない。またこの時期、周辺地域では未解決の性的暴行事件が多数起きていた。当局は、パウロ一家の侵入者と、これらの性的暴行事件の犯人が同一人物の可能性があると考えている。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。