グーグルマップで発見された「超不気味なスポット」5選! 死神、脚切断、地獄の入口、超サイケな異世界も…!

 世界を旅することができるグーグルマップには、時折とてつもなく奇妙で不気味なモノが映り込んでしまう。今回は、グーグルマップが捉えた“とてつもなく不気味なスポット”をご紹介していこう。

■“クロスロードの死神”

画像は、「THOUGHT CATALOG」より

 ブラジル・サンタカタリーナ州の州都であるフロリアノーポリスの交差点では、異空間に存在する不気味な物体を見ることができる。フロリアノーポリスのプレフェイト・オズマル・クーニャ通りをグーグルマップで覗いてみると、とある交差点付近で画面が真っ暗になる。そして少しだけ画面を動かすと、そこには白くて人のような形をした“何か”を確認することができるのだ。

 2017年ごろに発見された“何か”は、日本を含めて世界中で注目を集めた。その奇妙なシルエットに驚いた人たちからは「変な暗黒空間に入ったと思ったら何かがいる……」「何これ、映画の宣伝か何かだと言ってくれ」「なにもないと思って動かしていたら、“いた”」などの声が寄せられた。その後、この“何か”は「クロスロードの死神」と名付けられることになった。

画像は、「Googleマップ」より

グーグルマップで発見された「超不気味なスポット」5選! 死神、脚切断、地獄の入口、超サイケな異世界も…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで