藤田菜七子はコパ「風水パワー馬」で500万円ゲット!? フェブラリーSの本当の“激走穴馬”をプロが本気暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
藤田菜七子が騎乗するコパノキッキング

■藤田菜七子とコパノキッキングに注目集まる

 今週末に東京競馬場で行われる第36回フェブラリーステークス(G1)は、武豊やルメールなどを差し置いて人気女性騎手の藤田菜七子が話題を独占している。勝てば国内女性騎手初のG1レース制覇という偉業達成となるため、マスコミも日本全国の競馬ファンも大騒ぎ。新たなスターの誕生を期待しているのだ。

 もし藤田がこのレースを勝てば、獲得する報酬は約500万円。同年代である20代の平均年収を上回る数字をこの1レースだけで稼げるのだから、騎手は夢のある仕事だ。もちろん、必ずしもすべての騎手が成功するわけではない。年間0勝の騎手もいるし、怪我で引退を余儀なくされる騎手も少なくない。

 さて、藤田が騎乗するコパノキッキングは現在なんと4連勝中、しかも重賞2連勝中という実績馬。レースの1週間前には栗東トレーニングセンターまで藤田が赴き、実際に調教に騎乗してパートナーの感触を確認した。そして、いよいよ今週本番を迎えるのだ。しかし、このレースで藤田が勝つには3つの障害を乗り越えなければならない。

■藤田菜七子が勝つための3要素、そして風水パワー

 まず1つは、先輩ジョッキーによる徹底マークだ。コパノキッキングの騎乗依頼がなかったジョッキーとしては、藤田よりも評価が低いと言われてしまったようなもの。そこで藤田にやすやすと勝たれるようなことがあれば、先輩騎手としての面目は丸つぶれ。ここはプロの厳しさを教える絶好の舞台だ。

 次は、コパノキッキングそのものだ。同馬にとって今回のコースである東京ダート1600mどころか、1600mという距離自体が初めて。前走の根岸ステークスは1400mだったが、そこで騎乗したマーフィー騎手は、1600mの距離適性にズバリ「No」と答えている。さらに東京ダート1600mは芝コースからのスタートとなり、最初は芝の上を走らなければならない。芝適性のない馬はこの芝で足を滑らせたり、ダッシュがつかないことがある。距離と芝、このマイナス要素を藤田がカバーできるかどうか。

 最後は藤田そのものの問題だ。藤田はデビューからここまでJRAで50勝しているが、重賞は未勝利で東京開催では特別戦に勝利したこともない。勢いに乗っているとはいえ、まだ若手で技術や経験は不十分。トップジョッキーが集まる舞台で、人気馬というプレッシャーの中、勝利をつかむにはさらなる力を発揮できるかどうかがカギだ。

 しかし、今回は大きなサポーターがいることも忘れてはならない。それが人気風水師のドクターコパ氏だ。コパノキッキングのオーナーであり、ここまでコパノリッキーでフェブラリーSを2勝している強運の持ち主。レース当日もその風水を利用した幸運グッズを身につけ、レースに向けて運を招き入れるだろう。このコパノキッキングは、アメリカのセールで約1,000万円(10万ドル)で購入した馬。その馬がデビューからわずか1年で重賞2連勝を含む7勝をあげ、約1億5000万円を稼いでいるのだ。昨年2月のデビューは、なんと10番人気にもかかわらず8馬身差の圧勝。そこから上り詰めたこの大きな舞台だ。この運がどこまで続くか見ものである。

 こんな注目レースを、ただテレビの前で観戦するのは面白くない。どうせならば馬券を購入して、実際に参加する方が何倍も楽しめる。藤田を応援する形で馬券を買うのもいいだろう。もしくは藤田を危険と判断して、大きな配当を狙うのもいい。それだけ魅力的なレースなのだ。そこで、このフェブラリーSで一獲千金を狙いたいすべてのファンに、絶好の勝負情報をお届けしたい。それはチェックメイトが入手した激走関西馬の情報だ。

関西馬が競馬を席捲している

■把握すべきは関西馬の動向だ!

 現代競馬において関西馬は圧倒的な強さを見せつけている。2018年の重賞レースは関西馬97勝に対し、関東馬は44勝と、その差は倍以上。その勢いは今年も止まらず、2019年の重賞レースでは関西馬が10勝、関東馬が6勝、馬券圏内である3着以内まで見ても、関西馬が33頭、関東馬が15頭と、すでに倍以上の差を付けている。そして、このフェブラリーSも関西馬が非常に強いレース。過去20年で関西馬が18勝しており、その中には最低人気で激走したコパノリッキーのような馬もいて、まさに関西馬は注目の存在と言える。今年も出走馬16頭中15頭が関西馬という状況で、その中でどの馬を買えばいいのか、どの馬が走るのか、それを知ることがフェブラリーSで馬券を的中するための最大のポイントとなるだろう。

 その関西馬情報を知り尽くす存在こそ、チェックメイトだ。元騎手や元調教師などが情報網として在籍し、関西馬に携わるあらゆる関係者から勝負話を集めており、関係者しか知らない本当の関西穴馬情報まで日々届けられる。そのチェックメイトが、今回のフェブラリーSで掴んでいる激走関西馬情報は、何やら凄いことになっているようだ。

「関西馬の活躍でホクホクです。先週も小倉で3連単11万馬券を的中させるなど好成績でしたが、やはり注目はフェブラリーSですね。出走馬のほとんどが関西馬ですから、レースの全貌は完全に把握しています。状態、適性、思惑、展開、そして誰もが推す勝ち馬候補と激走穴馬の存在――。マスコミのほとんどが武豊と藤田菜七子で盛り上がっているので、いい意味でカモフラージュされています。昨年も好配当を的中させましたが、今年は昨年以上に配当妙味も抜群です。早く日曜になってほしいと思っていますよ」

 確かに関西馬を知り尽くすチェックメイトの立場なら、出走馬のほとんどが関西馬というフェブラリーSは絶好の勝負レースだろう。関西馬を知り尽くす彼らが狙う馬、それはすなわちフェブラリーSの結果そのものと言っていいかもしれない。

昨年のフェブラリーSも的中させたチェックメイトの結論は?

 チェックメイトには、実際に栗東トレーニングセンターなどで活躍した元関係者などが情報網として所属し、関西馬が集まっている栗東トレーニングセンターと目と鼻の先に拠点を置いて活動している。その人脈は豊富で【騎手・厩舎・馬主・牧場・外厩】など、その情報ルートは多岐にわたる。そして同じ関係者同士の信頼によって【関西馬情報・陣営の本音】が入手できるのだ。これはマスコミや一般人では決して手が届かない世界のもの。

 しかし今回、チェックメイトは今年初のJRA・G1レースを記念し、初めて同社を利用する方を対象に【フェブラリーSの3連単勝負買い目】を無料で提供してくれるというのだ。これには驚いたが、関西競馬関係者からのサプライズプレゼントなのだから、遠慮なく受け取っておきたい。さらにチェックメイトには様々な無料コンテンツが用意されており、それらを利用することでより競馬を楽しめるだろう。

 フェブラリーSだけでなく、今や競馬は西高東低。関西馬情報を知ることが、馬券を的中させること、そして競馬で儲かることに繋がっていく。チェックメイトが提供する「フェブラリーSの3連単勝負買い目を無料公開」は、関西馬情報を知るだけでなく、競馬の勝ち組としての第一歩を踏み出すのに絶好の機会になるはずだ。このチャンスを逃すことなく利用してほしい。

CLICK → 特別無料公開!【フェブラリーSの3連単勝負買い目】チェックメイト


※本稿はPR記事です。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。