【緊急】航空パイロット2名が「分裂×爆速UFO」目撃をSNSで激白!「変な動き、オレンジの光、5つに分かれ…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:
画像は「Gloucestershire Live」より引用

 

 飛行物体について最も知識がある職種の1つがパイロットであることに異論はないだろう。普段から数々の飛行物体を目にしている彼らは、そのほとんどを一目で見破ってしまう。だが、そんな彼らでさえ特定できない飛行物体があるとすれば……?

 今月15日、イギリスの航空会社「Air Midwest」の公式ツイッターアカウントに驚愕の画像が投稿された。現地時間午後8時15分~45分にかけて、身元不明の真っ赤なライトが上空に出現したというのだ。

 当時の状況はこうだ。2機の航空機で夜間飛行訓練を行っていたところ、上空4000フィート(約1200m)と上空7000フィート(約2100m)付近で、オレンジ色または赤色に光る2つの発光体を確認。追跡を試みるも、これらの発光体はグロスターの南部方面へ航空機よりも高速で移動していったため、接近できなかったそうだ。興味深いことに1つの発光体は一瞬5つに分身したという。

画像は「Gloucestershire Live」より引用

 

 パイロットらは「通常の航空機や気象活動とは異なり、熱気球でもない」と報告。いわゆるUFOだとは断定せず、「未確認夜光体」と名付けている。目撃した2名のパイロットはともに総フライト時間が25,000時間を超えるベテランだが、「これらの発光体が何だったのか全く分からない。熱気球? 熱気球はそんなに素早く動くものでもない。じゃあ一体あれは何だったのだろう?」と困惑している様子だ。これらの証言から今回の物体はUFO(未確認飛行物体)であるとして問題ないだろう。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年2月25日 14:18 | 返信

しかし来てるんだからしょうがない

1:匿名 2019年2月25日 03:08 | 返信

そもそも、たかが地球程度の惑星にUFOやら宇宙人やらが飛来して、注目されているとか、それに値する?なんて考えてるって、どんな自意識の肥大だよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。