北海道地震「7つの前兆と予知」とは!? 磁石の落下、ハムスターの異常… 次は3月21日前後のスーパームーンに注意!

■磁石落下装置も警告

 また、筆者は地震前兆研究家として、東京都小平市の自宅でさまざまな前兆の測定を行っている。その一環として設置しているのが「磁石落下装置」だ。これは、地震前に磁石の磁力が弱くなるという説が江戸時代から知られていたことを応用して、地震を予知しようと試みる装置だ。

北海道地震「7つの前兆と予知」とは!? 磁石の落下、ハムスターの異常… 次は3月21日前後のスーパームーンに注意!の画像3
筆者が自作した磁石落下装置(画像提供:百瀬直也)

 この磁石落下装置は、さまざまな人々によってさまざまな形のものが生み出されてきたが、たとえば磁石の下に鈴を浮かせておいて、磁力が弱まって鈴が落下した際に「前兆」と判断するものなどが考案されている。だが、この方式では「落ちた」か「落ちないか」という“0か1か”の話に単純化されてしまう。そこで筆者は、「少し落ちた」とか「めいっぱい落ちた」とった程度も判別できるようにと、束ねた紙を鉄の柱と磁石の間に挟んで、それがどの程度落下するかを見て判断する方式を採用している。

 そしてスーパームーン前日の19日、筆者の磁石落下装置は、束ねた紙が完全に下まで落下し、上に戻してもまたずり落ちてしまったのだ。しかも、その状態は翌日(20日)まで続き、地震当日(21日)の昼間には落下しない状態に戻っていた。実は、このような挙動は地震発生の直前によく見られるため、筆者は「発震スタンバイ」と呼んで日々警戒していたのだが、今回も北海道の地震を予測していたのだ。

■ハムスターの運動量も急増!

 ここ数年、筆者は雌のジャンガリアンハムスターを飼い、ケージに回し車のカウンターを付けて、地震の前に運動量が変化するかどうか記録していた。そして、過去の記事で紹介したように、関東で大きめの地震が発生する時には、1~3日前から運動量が急増することがわかっていた。そして今月、19日が46回、20日が433回と少なめの日が続いた後、21日の朝には回転数が4555回と急増し、その夜に北海道の地震が発生した。

コメント

8:匿名 2019年2月25日 15:18 | 返信

占星術はオカルトではあるが馬鹿にできない
学べば学ぶほどそう思えてくるものがある

7:匿名 2019年2月25日 08:52 | 返信

しっかり外しといて後になってから捏造して当たってると嘘ぶいてもみんな嘘だとちゃんと分かってるからな!

6:匿名 2019年2月25日 08:36 | 返信

関東で地震が起こると予測したのに北海道で起こったということは、
速い話が「またしても大ハズレ」だったということだな。

5:匿名 2019年2月25日 05:23 | 返信

ニホンジンの平和ボケも今年で終わるんかね?
いいや、終わらねえ。ニホンジンは他国と戦争しようが気がつかず、巨大地震が起きても気がつかず、何故自分が病気なのかも気がつかず、何故生き何故死ぬかもわからないそんな民族。
何故か?ニホンジンはアホンジンであり、究極的なアホであり、自身ではそう思えぬからこそアホであり、指摘されれば逆ギレし、逆に自分はマトモで賢い人間だと錯覚しているそれがアホンジンである。もちろん日本人ではないし、ひょっとすると人間ですらないかもしれない。

4:匿名 2019年2月25日 00:02 | 返信

1月21~22日のスーパー・ブラッド・ウルフムーンとやらで
思いっきり外しといて凝りもせずにまたスーパームーンか
狼少年そのものだな

3:匿名 2019年2月24日 20:11 | 返信

相次ぐ地震は、2019年3月3日に国際ファッションセンター・KFCホールで予定しているESP科学研究所(代表 石井美津子)、株式会社イー・エス・ピー・東京本部による東京スカイプ指導会が犯人です。この会社の指導会やセミナーのたびに日本を含め世界各地で事件事故や火災、地震や台風災害、大雨や大雪による災害死者数が急増しています。改正組織的犯罪処罰法が施行されましたので、この会社とこの会社の関連施設を厳重に処罰してください。この会社が拉致やテロの組織的犯罪集団です。

2:匿名 2019年2月24日 13:44 | 返信

磁石落下装置のアイデアは誰でも簡単に出来てイイね!

1:匿名 2019年2月24日 12:35 | 返信

そんなことより、イルカの大群だ。
早く南海トラフ地震の予兆だってネタを書け!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。